Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全日本新プロジェクト会見でパフォーマンスの鈴木健三プロデューサーに宮原健斗「プロレスラーより大きい声を出さないで」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 全日本プロレスは15日、「2020チャンピオン・カーニバル」東京・後楽園ホール大会の前に記者会見を開き、ホームセンターのコーナン商事、家庭用品メーカーのレックとの3社による新プロジェクトを発表した。3社の新企画とは、コーナンのネット通販サイト「コーナンEショップ」で全日本プロレスのオリジナルマッチの動画配信を行い、レックの商品を同サイトで買うと選手のサイン入りグッズが抽選で当たるキャンペーンなどを行う。  会見には、全日本プロレス・福田剛紀社長、コーナン商事商品三部・奥村英輔部長、レック・毛利大輔氏、所属選手を代表して諏訪魔(43)、宮原健斗(31)、石川修司(44)、フリーのTAJIRI(49)、そしてKENSOとして全日本にも参戦していた鈴木健三氏(46)がオリジナルマッチを制作する共同テレビジョン第3制作部プロデューサーとして出席した。  あいさつでプロレスラー時代のパフォーマンスを見せ、フォトセッションでも目立った鈴木に、宮原は「プロレスラーより大きい声を出さないでほしい。後ろにいるプロレスラーの迷惑も考えてほしい」と憎まれ口をたたいて笑わせたが、新プロジェクトについては「1%でもプロレスを知るきっかけになるのであれば、全力で取り組みたいと思います」と意気込んでいた。

報知新聞社

【関連記事】