Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「夏のGoToキャンペーンは密になる」コロナとの共生で旅のかたちはどう変わるか?

配信

FNNプライムオンライン

「5月の訪日外国人客は、前年同月比99.9%減の1700人」 インバウンドが消滅した旅行業界は、都内感染者数の連日100人超えでさらなる苦境に立たされそうだ。コロナと共生する社会での新しい旅のかたちとは?「GoToキャンペーン」は起死回生の起爆剤となるのか?星野リゾート代表の星野佳路氏に聞いた。 【図解】インバウンドとアウトバウンドが同時になくなっても減少幅はわずか7%

インバウンド蒸発でも旅行市場の減少は7%

――コロナによって日本の観光産業は大打撃を受けているのですが、まず完全に消滅してしまった訪日外国人3千万人によるインバウンド景気をどうするかです。 星野氏: インバウンドは治療薬やワクチンが完成するまで、戻ってこないと私は思っています。私は91年に軽井沢の実家の旅館を継いだ4代目ですが、インバウンドが伸びてきたのはこの20年で、それ以前はほとんどありませんでした。いま旅行市場は28兆円ですが、内訳は国内旅行が22兆円、海外旅行が1.2兆円、インバウンドは4.8兆円です。海外旅行は現地で使っているお金も入れると3兆円ですね。 インバウンドの4.8兆円は確かに無くなりましたが、コロナの影響で海外旅行に行くことはできませんから、おそらく3兆円は国内に戻ってくるだろうと予測しています。そうなると旅行市場全体ではマイナス1.8兆円です。28兆円の中の1.8兆円は、たったの7%。インバウンドとアウトバウンド(海外旅行)が同時に無くなっても、減少幅は7%しかないのです。つまり、勝負所は国内旅行市場ですね。 台湾では海外旅行に行く観光客の比率が実は大きいのですが、コロナの影響によってこの人たちがすべて台湾島内に行き先を移したので、台湾にある星野リゾートの「星のやグーグァン」は台湾の方のお客様がたくさんいらしてくださっています。

「地元」を楽しむマイクロツーリズム

――なるほど。つまり国内旅行市場をどう活性化させるかがポイントですね。 星野氏: 国内旅行を伸ばすには「マイクロツーリズム=小さな旅行」と「休暇の分散化」が大事です。まずマイクロツーリズムですが、いまコロナは自粛から緩和となっているものの、今後も東京では感染が拡大するので、地方に旅行出来ない時期がまた来ると思います。マイクロツーリズムは自宅から車で30分から1時間で行ける範囲での観光です。東京のホテルや観光地の生き残りのためにも、関東圏での旅行の需要はもっと作らなければいけないと思います。 ――マイクロツーリズムは地方でも? 星野氏: 私は県外の移動を全国一律に規制する必要は無かったと思っています。たとえば島根県の玉造温泉はマイクロツーリズム商圏に鳥取県の米子市があります。しかし県境を越えた移動になるので9割需要を下げてしまいました。 マイクロツーリズム商圏をもっと意識して、きめの細かい県境の自粛のあり方を考えれば、第二波、第三波の自粛期間に4割減で留まるかもしれません。こういうことも含めて自治体と国には、規制・自粛のあり方の改善を考えて欲しいと考えております。

【関連記事】