Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

簡単スパイス生活のすすめ! 基本の5種常備でいつもの調味料にチョイ足し

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO HEADLINE WEB

 暑さから来る疲れや冷たいもののとりすぎ、冷房による冷えなど何かと不調が出やすい猛暑の時期。食欲を引き出し、身体によい効果も期待できるスパイスを日常に取り入れてみては。   そんなスパイスの魅力を紹介するメディア向けイベントが8月4日、都内にて開催され、“スパイスの巨匠”と名高い日本在住のインド料理シェフ・ラジャ氏、スパイス料理研究家の一条もんこ氏がスパイスの効能や使い方などを語った。唾液や胃液の分泌を促すという「カルダモン」、コレステロールの吸収を抑えるという「クミンシード」など、スパイスにはさまざまな効果が期待でき、上手にとりいれることで、代謝の改善や免疫力アップにつなげることができるとされている。  一度にいろいろなスパイスを効率よくとることができる料理といえばカレー。この日は、ラジャ氏が自らスパイスカレーを作るデモンストレーションも実施。玉ねぎ、トマト、おろしたニンニク、ショウガを炒めたところに、クミン、ターメリック、コリアンダー、クローブ、カルダモンなどのスパイスパウダーを次々と投入。水で伸ばして鶏肉を入れ軽く煮込み、最後に塩で味を調えたら本格スパイスカレーの完成。  必要なスパイスパウダーさえあれば家庭でも簡単に作ることが可能。使うスパイスの分量や組み合わせによって香りや味、辛さをさまざまに調節できるとあって、手作りスパイスカレーの奥深い世界にハマる人は多いという。また、インドのスパイスカレーは小麦粉を使わないので、一般的な日本のカレーより糖質を抑えることができるとのこと。  とはいえ、いきなりカレー用のスパイスをそろえるのは少しハードルが高い…という人は、まず基本のスパイスを小瓶でそろえ日々の料理に使ってみては。一条氏によると「スパイスはたまにたくさんとるより、1つまみずつでも日常的に取り入れるのがおすすめ」とのこと。「3大スパイスのクミン、ターメリック、チリペッパーと、コリアンダー、カルダモンの計5種類があれば、ほとんどの料理に使うことができます。お好みで洋食であれ和食であれ、どんな料理に使ってもよいと思います。一番簡単なのは、いつも使う調味料やドレッシングに少し足してみること。マヨネーズやしょう油、ふりかけに一つまみクミンを加えるだけで華やかな香りと味わいが出ます。また、ジュースやコーヒーに香りのよいスパイスを入れるのもおすすめ。バターにカルダモンを混ぜ込むとお菓子にも料理にも使えて特別な風味が出ます」。  スパイス同士にNGの組み合わせは? 「“香りのスパイス”なら“辛さのスパイス”と組み合わせる、というように異なる特徴のスパイスを組み合わせたほうが味わいに奥行きが出ると思います。ぜひ気軽にいろいろ試してみてください」。  セレクトショップ「Biople by Cosmekitchen」(株式会社マッシュビューティラボ/東京都千代田区)では、ラジャ氏が監修したこだわりのレトルトスパイスカレー「やみつき インディアンスパイスカレー」をはじめバイヤーが選りすぐった55種類ものスパイスアイテムを展開するスパイスフェア『Spicefull Summer』を7日から各店にて開催している。

【関連記事】