Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヒカキン、新型コロナで1億円寄付。医療従事者に特化した寄付窓口立ち上げ

配信

BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、人気YouTuberのヒカキンさんが5月21日、医療従事者への支援・感染リスク低減を目的とした取り組み「命を守る人を支えたい コロナ医療支援募金」を立ち上げた。 Yahoo! JAPANが運営する非営利団体「Yahoo!基金」と協力し、この日から6月30日までの間、寄付を受け付けている。 同日、自身のYouTubeチャンネルで動画も公開。自らも1億円を寄付し、今回の募金窓口立ち上げの経緯や寄付の方法を解説している。 【吉田雄弥 / BuzzFeed Japan】

きっかけは医療従事者からのDM

ヒカキンさんは、これまでも動画やSNSで新型コロナウイルスに関する情報を発信してきた。4月10日には「多くの方に正確な情報を届ける」という思いから、東京都の小池百合子都知事と対談。若い世代が抱く新型コロナウイルスに関する疑問をぶつけ、動画の再生回数は1000万回を超えている。 こうした活動の中で、ヒカキンさんのもとに様々な新型コロナウイルスに関する声が届くようになった。その中でも、医療従事者からの現状を伝えるダイレクトメールが、今回の寄付窓口立ち上げのきっかけの1つにとなったという。 「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、僕ができることを、と考え、動画やSNSを通じて情報をお届けすることに取り組んできました。その活動を通じて、最前線の医療現場の方々が置かれている現状を知ることになりました。 もちろん、コロナの影響をうけて支援が必要な方々は、各方面にたくさんいらっしゃると思います。 その中で、僕はいまこのときも命を守ってくださっている医療現場の皆さまへの支援が必要なのではという思いを強くし、いま問題を抱えている医療現場へ、いち早く支援を届けるために、Yahoo!基金さんに協力いただき、今回の募金を立ち上げました」 ヒカキンさんは2011年の東日本大震災や2017年の九州北部豪雨、2018年に発生した西日本豪雨の際にも自ら寄付し、支援を呼びかけてきた。 自らが主体となる募金の取り組みは、今回が初となる。

【関連記事】