Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トゥールのメイナード・ジェームス・キーナン、2月に新型コロナウイルスに感染していた。「いまだに後遺症が残ってる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
rockinon.com

トゥールのフロントマン、メイナード・ジェームス・キーナンが新型コロナウイルスに感染し、いまだに後遺症に苦しんでいると明かしている。 「AZ Central」のインタビューを報じた「Ultimate Classic Rock」によると、メイナードは2月に新型コロナウイルスに感染。症状について次のように語っていたという。 「本当なんだ。まだ後遺症が残ってるよ。その症状を無くすためにたくさん薬を飲まなくちゃならなくて、今でも咳が出て肺にダメージがある。まだ肺の先端が損傷してるから咳が出るし、一日おきに咳の発作が起きるんだ。 手首や手に起きた炎症は治ったけど、リウマチ性関節炎のような形で自己免疫が攻撃された。基本的に俺が知る限り、ウイルスは奇妙な場所を攻撃して予測がつかない。俺に出た症状はそうだったよ」 またメイナードは、ウイルスの感染拡大を防止するためのマスクの着用を拒む人々についても、意見を述べていたとのこと。 「バカげてるよ。俺たちはシートベルトを締めるし、電車や飛行機、タクシー、レストランでさえタバコを吸わないだろ。そういったことには理由がある……。他人の家に入ったり人の飯にクソをしたり、酷いことをおばあちゃんに怒鳴ったりすることも自由だというような、捻じ曲げられた『個人の自由』を感じる。それは自由じゃない。 自由とは自分のライフスタイルを追い求め、自分の家族や未来のためにしたいこと、どんな教育を受けたいかといったことを追求する能力のことだ。その自由には自分自身や自分の隣人、家族やみんなを気に掛ける責任が生じる。だから自由には妥協が伴うし、それを理解することが、なぜ難しいのかわからないよ」 なお、10月30日にメイナードは、自身のサイド・プロジェクトとなるプシファーの新作『Existential Reckoning』をリリースする予定だ。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

【関連記事】