Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

すみだ水族館は観光にもデートにぴったり!ナイトモードも見逃せない

配信

ウォーカープラス

東京スカイツリータウンの5・6階にある都市型水族館「すみだ水族館」。大水槽はもちろん、芸術性の高い自然水景エリアや癒やしのクラゲ水槽などを備えている。今回は、そんな都会にいながら自然を感じることができるすみだ水族館の楽しみ方をご紹介! 【写真】仲睦まじいマゼランペンギンの「ローズ」と「わらび」 ※営業時間の変更や、記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。公式サイトをご確認の上でお出かけください。 ■すみだ水族館ってどんなところ? 東京スカイツリータウンの5・6階に位置する水族館。世界自然遺産の小笠原諸島の海を再現した大水槽や、国内最大級の屋内開放プール型水槽で泳ぎまわる45羽のペンギンたちは必見。ナイトモードの演出の中で夜の生き物たちを観賞できるなど、さまざまな工夫が施されている。21時まで営業しているため、仕事帰りに立ち寄ることも可能。 ■【料金・アクセス】観光や仕事帰りに立ち寄れる都市型水族館 基本的に休館日はなく、営業時間は9時~21時まで(新型コロナウイルスの感染予防対策として当面の間、営業時間は10時~19時。最終入場は閉館の1時間前。2020年7月15日(水)は臨時休館)。料金は大人2050円、高校生1500円、中・小学生1000円、3歳以上600円で、通常料金の2回分で何度でも利用できる年間パスポートも用意されている。前売りチケットも公式サイトから購入できるので、事前に手に入れておくと混雑時に受付で並ぶ必要がないのでおすすめだ(入館は整理券で制限中。詳細は同記事内文末にて表記)。 また、東武スカイツリーライン・東京メトロ半蔵門線・京成押上線・都営地下鉄浅草線「押上(スカイツリー前)」駅から直通でアクセスできるのもうれしいポイント。東京スカイツリータウンはもちろん、浅草などの観光地と一緒に回れば東京観光も楽しむことができる。※価格はすべて税込。 ■【見どころ1】ペンギン・オットセイ・チンアナゴ…生き物たちの自然体な姿にほっこり “近づくと、もっと好きになる。”をキーワードに、アクリル越しでなく間近で生き物たちに出合えるのが最大の魅力。国内最大級の屋内開放水槽では、ペンギンやオットセイの息遣いを感じられるほどの近距離で眺めることができるほか、水槽付近にソファやイスなどが用意されているので、リラックスしながら過ごすことができる。 2020年4月現在、すみだ水族館のプール型水槽には首元に黒いラインが2本入っている45羽のマゼランペンギンたちが暮らしていて、1日に3回行われる“ゴハンの時間”には、大勢のペンギンたちが飼育スタッフを目掛けて集まるかわいらしい姿を見せてくれる。ちなみにマゼランペンギンは、カップルになると離婚率が約3%と言われていて、ペンギン全種のなかでも特にカップルの絆が強いとか。それぞれのカップルにはマイホームのようなお気に入りの場所を作る習性がある。運が良ければ2羽が仲良く巣に戻る様子を見られるかも⁉︎ 屋内開放のプール型水槽では、ミナミアメリカオットセイも暮らしている。優雅に水中を泳いだり、陸上でのんびりと過ごしている姿にも、ほっこり。 オットセイたちの姿をさまざまな角度から眺めることができるオットセイトンネルも見逃し厳禁!プール型水槽エリアの下に岩場に囲まれたようなトンネルがあり、そこをくぐるとプールの下を覗ける空間が広がっている。おなかを見せながら泳いだり、優雅にターンをする姿に癒やされるはず。 シロワニやエイなど約50種450匹の魚が泳ぐ、世界自然遺産の小笠原諸島の海を表現した東京大水槽や、サンゴ礁をテーマにした水槽郡、3種類のチンアナゴの仲間たちが水の流れに身を任せているかのように群れをなしている様子を見せてくれる水槽も見どころ。サンゴ礁とチンアナゴの水槽は、どれも360度ぐるっと見て回れるので、生態の特徴を観察するのにもぴったりだ。 ■【見どころ2・イベント】金魚展示エリア「江戸リウム」では和を感じられる粋な演出も 2016年にリニューアルした「江戸リウム」は、日本最大級の金魚展示エリアへと変化。金魚を上から眺められる水槽のほか、青森ねぶた職人が作った金魚ちょうちんの装飾や、昭和の時代に金魚売りが実際に使っていた屋台をリメイクした展示など粋な演出が随所に施されている。季節ごとに行われるイベントも必見だ。 ■【グルメ】オリジナルメニューが楽しめる「ペンギンカフェ」 ペンギンプールや東京大水槽のすぐそばにあるのが「ペンギンカフェ」。軽食やデザート、ソフトドリンクなど、海の生き物や下町をイメージしたメニューが充実している。 青い海に浮かぶペンギンをイメージした「ペンギンフロート」(税込420円)。氷でできたペンギンがブルーのソーダの海を泳いでいるかのよう。 みたらし、黒蜜ときなこ、あずきの3種からトッピングが選べる「ペンギン和ッフルソフト」(税込各510円)。ペンギンのサブレがとってもキュート。 ペンギンのフォルムをかたどった海苔が巻かれた焼きおにぎりと、ドリンクまたはスープがセットに。ドリンクはソフトドリンクから、スープはオニオンスープまたはコーンスープが選べる。 イベントとコラボしたメニューが登場することもあるので、訪れるたびに新しいメニューを楽しむことができる。ペンギンや魚たちを眺めながらユニーク&美味なグルメを味わって。 ■【お土産】一目惚れ必至!かわいいグッズがいっぱい すみだ水族館でしか手に入らないアイテムが所狭しと並ぶショップは必ず立ち寄りたい。水族館でも人気の生き物たちのぬいぐるみやステーショナリー、スイーツなど人気グッズの中から、イチ押しを3品ピックアップ! すみだ水族館オリジナルのマゼランペンギンのぬいぐるみ。サイズは掌サイズのSSサイズ、インテリアに最適なMサイズ、存在感のある特大の3種類となっている。 クレイアーティストのおちゃっぴ氏がデザインした海の生き物をモチーフにした「水族館和スイーツ」は、食べるのがもったいないほどの完成度!モチモチとした食感の大福やフルーツ果汁が入った練り切りとなっている。 世界を代表するトップブランドの香りをデザインしてきた「エアアロマ」とコラボしたアロマオイル。緑色植物から抽出されたナチュラルな成分を原料にした「Arobalance アロバランス」はエントランスで、ハーブとスパイスが絶妙に織り交ざったさわやかでシャープな香りはトイレで使用されているなど、館内で使われているアロマを購入することができる。癒やし効果が抜群なので、お土産にぜひ。 2020年4月現在、「アクアラボ」「アクアギャラリー」「すみだステージ」を封鎖し、長径7メートルのクラゲの水盤水槽を含む2つの新エリアが誕生するリニューアルが進行中のすみだ水族館。さらに魅力を増す水族館のリニューアルオープンをお楽しみに!※リニューアルオープンは2020年5月末以降を予定。変更になる可能性あり。詳細は公式サイトにて確認を。 ■施設担当者に聞く!すみだ水族館の魅力・楽しみ方 「すみだ水族館では夜18時以降になると“ブルーナイトアクアリウム”というナイトモードの演出に切り替わるので、夕方ごろに来館されるのがおすすめです!特に平日の夜など、お仕事帰りに水槽を眺めながらビールを飲むとリフレッシュできますよ!カップルで寄り添って眠るペンギンたちや、オットセイのかわいい寝顔も楽しめます」(すみだ水族館 広報担当の守下さん) ■【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】 ・当面の間、営業時間は10時~19時(最終入場は閉館の1時間前)です。 ・入館は‌当日券‌、年間パスポート‌、購入済み前売券(コンビニなど)、購入済みの他施設との入館セット券、法人サポーター招待券・割引券、組合などで発行の利用補助券‌のみの受付で、入館は整理券で制限しています。 ・1時間あたりの入場者数に制限を設けています。なお、再入場はできません。 ・入館時にサーモグラフィーによる検温を実施しています。 ・入館時、3歳以上の来館者の方は必ずマスクをご着用ください。未着用の場合、入館できません。 ・館内入り口に、手指消毒剤および足元消毒用マットを設置しています。 ・飛沫防止用のビニールカーテンを設置しています。 ・スタッフは常時マスクを着用しています。また、状況に応じてフェイスシールドや手袋を着用している場合があります。 ・来館者同士の近接機会軽減のため、館内各所にフロアマーカーやポスターを貼付しています。また、カフェや休憩所などの座席の一部を撤去しています。 ・館内の水槽や展示物に手を触れることはお控えください。 ※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。 ※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。 ※2020年5月時点の情報です。

【関連記事】