Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大分トリニータ MF町田也真人選手「サッカーの街 ''浦和'' に恩返しを」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 高校時代は埼玉栄でプレー。そして、同校史上初の全国高校サッカー選手権出場に貢献した。専修大学に進学後はトップ下として活躍。関東大学サッカーリーグ戦1部、全日本大学サッカー選手権で優勝を果たすと、その活躍が認められ、ジェフユナイテッド千葉内定を掴んだ。現在は、大分トリニータでプレーしながら埼玉県の浦和でサッカースクールも運営する町田也真人選手に話を聞いた。 【フォトギャラリー】MF町田也真人選手 ーー埼玉栄高校時代の思い出。  1、2年生の時はきつかったです。試合に出られる気がしなかったし、2年生になるとレギュラーの半分は同学年の選手でした。自分の代になってレギュラーになれるのか不安で・・・・。レギュラーになってからも交代はいつも1番手で、常に良いプレーをしていないとレギュラーを取られてしまうのではないかとう不安がいつもつきまとっていました。そのせいか、消極的なプレーが多かったと思います。でもある時、他のレギュラーの選手が伸び伸びプレーしているのを見て、「自分らしくやろう」とプレーし始めてからは動きが良くなり、サッカーが楽しくなりました。素晴らしい仲間にも恵まれ、チームとしても、埼玉県主要4大会を全て制覇。埼玉栄サッカー部史上初となった全国選手権では16強入りを果たすことができ、最高の高校時代を送ることができました。 ーープロになるまでの過程や道のりについて教えてください。  高校卒業後は大学に進学したんですが、そのきっかけは“挨拶“でした。高校時代にいつもグラウンドで元気よく挨拶をしていたんですが、それを見ていた方が「元気なやつやな」と僕に興味を持ってくれたんです。それで、僕のプレーをみてくれるようになり、結局その方のおかげで専修大学に進むことができました。どこで誰が見てくれているか分からないですよね(笑)。  大学に入った時は、とにかくレベルが高すぎて「ここでやれるのか?」と衝撃を受けたことを今でも良く覚えています。2年生になるとチャンスをもらって、試合に出れるようになりましたが、前半で交代されることもありました。大学選抜などには一度も選ばれることがなかったので就活もしていたのですが、幸運にも夏場過ぎにジェフ千葉さんからオファーを頂くことが出来ました。その頃から大学のチームも負ける気が全くしないチームへと変貌して、関東リーグ、インカレと日本一になることができ、目標であったプロに最高の形で進むことが出来ました。

【関連記事】