Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

文在寅、日韓関係悪化を安倍総理に責任転嫁 「総理が誰でも反日を貫く」という意志も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 人の不幸は蜜の味――。  目下、韓国が沸いている。「天敵」の安倍総理の辞任表明を受け、ここぞとばかりに上から目線で日本を責め立てているのだ。 「文在寅」政権下の子供たちが受ける「反日教育」の実態

「文在寅(ムンジェイン)政権は大統領府報道官名で、『突然の辞任発表を残念に思う』とコメントしましたが、社交辞令に過ぎないでしょう」  と、ある韓国ウォッチャーは解説する。 「実際、韓国メディアでは『最悪の総理だった』『韓国叩きで支持率を管理してきた』『日韓対立を煽ってきた』などと、安倍総理のことをこき下ろしています。その他にも、『歴史退行的な行動で一貫』とか、『日本の右傾化をリード』とレッテル貼りした上に、なかには『(韓日)関係改善の最大の足かせ』と評する報道までありました。この機に乗じ、総じて日韓関係を悪化させてきたのは安倍総理だと責任転嫁しています」  弱みに付け込むのが外交の要諦とはいえ、体調悪化で辞任する総理にここまで鞭打つとは、さすがは「反日有理」の国である。「溺れる犬は棒で叩け」を地で行き、病身の安倍総理を内心では嘲笑している文大統領の姿が目に浮かぶ。しかし、そもそも韓国のこうした論調がねじ曲がったものであることは論を俟(ま)たない。 「日韓関係を悪化させた責任は、文大統領のほうが大きいと思います」  として、龍谷大学の李相哲教授が改めて解説する。 「なぜなら、韓国側の対日強硬姿勢に対して、安倍総理はあくまで冷静に国際社会のルールに則って対応しただけです。例えば、慰安婦に関する日韓合意を巡る経緯を振り返ってみます。朴槿恵(パククネ)政権の時に『最終的かつ不可逆的な解決』を確認したはずなのに、それを反故にしたのは文大統領です。それに対し、安倍総理は国家間の約束は守ってくださいと、国際ルールに基づいた外交姿勢を貫きました。誠実かつ毅然と対応しただけで、決して『嫌韓』を支持率アップに利用したとは思いません」  むしろ「反日」を利用しているのは韓国のほうだ。 「韓国大統領府は昨年まで、『安倍総理である限り日韓関係が良くなることはない』と主張していました。しかし、いざ安倍総理が辞任表明すると、外交部(外務省)筋は『誰が新しい総理になっても韓日間の争点は変わらないだろう』『韓日関係に変化があるとは見ていない』と言っています。これこそ、総理が誰であろうと反日を貫くという証ではないでしょうか。したがって、次期総理も安倍政権の対韓政策を踏襲すべきだと思います」(同)  韓国側の言う通りなのかもしれない。そう、誰が総理になっても日本は変わらない。なぜなら、非がないのにあるフリは、何人(なんぴと)にもできないからである。 「週刊新潮」2020年9月10日号 掲載

新潮社

【関連記事】