Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

先発の南野は「常に危険人物となっていた」 最終戦を英紙評価「足元が巧みで力強かった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

初ゴールは来季に持ち越しも… ニューカッスル戦の南野に及第点「左ウイングで活気に満ちていた」

 リバプールは現地時間26日、プレミアリーグ最終節でニューカッスルと対戦し、3-1で逆転勝利を収めた。日本代表MF南野拓実は8試合ぶりの先発出場を飾ったが、後半19分に途中交代した。現地メディアはニューカッスル戦に出場したリバプール選手の採点を行い、南野は及第点となる7点が与えられた。 【動画】リバプール南野拓実、リーグ最終戦で華麗な反転から強烈ミドルシュートの瞬間  第31節消化時点で30年ぶりのリーグ制覇を決めたリバプールだが、その後も継続して主力メンバーを起用。しかし、プレミア歴代最多勝ち点「100」の記録更新の可能性が潰えたこともあり、最終節のニューカッスル戦では大幅なメンバー変更を施し、8試合ぶりに先発を飾った南野は左ウイングに配置された。  試合は開始25秒で失点を喫する予期せぬ展開となったが、前半29分に南野が存在感を示す。左サイドからパスを受けた南野が鋭い反転で相手DFを振り切ると、ペナルティーエリア手前から右足を一閃。強烈なミドルシュートは枠を捉えるも、相手GKのジャンピングセーブに阻まれて惜しくもゴールとはならなかった。  リバプールは前半38分にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、後半16分にベルギー代表FWディボック・オリギがネットを揺らして逆転に成功したが、南野は移籍後初ゴールを奪うことなく同19分に途中交代。待望の瞬間は来季に持ち越しとなったが、英地元紙「リバプール・エコー」はニューカッスル戦に出場したリバプール選手の採点を行っており、南野には及第点となる7点を与えている。  記事では、「左ウイングで活気に満ちており、カットインの際は常に危険人物となっていた。シュートは相手GKドゥーブラフカの好セーブに阻まれた。足元が巧みで力強かった」と積極的なプレーを見せていた南野を称賛。南野にとっては悔しいシーズンとなったが、来季に向けポジティブな印象を残せたのは確かだろう。

Football ZONE web編集部

【関連記事】