Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校野球交流試合がさっぱり盛り上がらないワケ 視聴率は例年の3分の1

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 夏の風物詩、高校野球の甲子園大会が幕を開けた。とはいえ、コロナ禍により中止となった春の選抜校による、各チーム1試合限りの交流試合である。しかも無観客での開催となった。その結果、視聴率は2~4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)とさっぱり盛り上がっていないという。  ***

 民放プロデューサーは言う。 「8月10日、テレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』が12・1%と上昇し、翌11日には12・2%とさらに上げてきました。都内でのコロナ感染者数が連日400人を超え、また数字を上げたのかと思ったら違いました。よくよく見ると、NHK総合の『あさイチ』が高校野球に差し替えられて放送されていなかったんです。今年は事前の盛り上がりもなかったので、開幕日を忘れていましたが、どうやら『あさイチ』の高齢視聴者が『モーニングショー』に流れたようですね」  そのせいか、NHKの視聴率は2~4%台を彷徨っているという。

過去には視聴率48%も

「夏の甲子園といえば、例年10%近い視聴率を記録してきました。注目の一戦ともなれば、20%超えは当たり前。例えば、2006年の決勝、駒大苫小牧VS早稲田実業、いわゆるマー君(田中将大)VSハンカチ王子(斎藤佑樹)は、延長15回引き分けとなった初日は33・7%、翌日の再試合では29・3%でした。1980年にアイドル的人気を誇った荒木大輔がエースの早稲田実業が横浜に敗れた決勝は39・9%。83年、KKコンビ(清原和博、桑田真澄)のいたPL学園が横浜商業を破って優勝した時は44・4%。さらに78年の決勝、PLVS高知商業でPLの逆転サヨナラ優勝まで遡ると48・0%という記録もあります」(同)  今年の初日も鳥取城北高校に明徳義塾が、逆転サヨナラ勝ちしたが、 「視聴率は4・4%にとどまりました。翌11日も2・7~4・2%、12日は3・0~4・5%で、5%にも届かない状況です」(同)

【関連記事】