Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「開放感あって楽しい」長瀞に自動三輪車・トゥクトゥク 町内のレンタル好評、珍しい乗り物が注目の的

配信

埼玉新聞

 埼玉県長瀞町などで古民家再生事業を展開する東馬建設(本社・東京都練馬区)は6月27日から、町内で自動三輪車「トゥクトゥク」のレンタル事業を開始した。トゥクトゥクはタイでタクシーとして普及している乗り物。移動は町内限定で、利用した観光客からは「開放感があって楽しかった」などと好評を集めている。 <新型コロナ>待ちに待った宣言解除 戻りつつある観光客…川越・菓子屋横丁、本来のにぎわいには遠く

 同社の外薗(ほかぞの)定実社長(66)は「長瀞は交通機関が弱く、遊びの空間も足りないので、珍しい乗り物が必要」とトゥクトゥクのレンタル事業を決意。沖縄県の業者からトゥクトゥクを1年前に購入して整備してきた。  初日に利用した神奈川県厚木市の50代夫婦は「トゥクトゥクは今回偶然に知ったが、風を切って楽しかった。注目の的で、優越感もあった」と満足そうな様子で話した。  トゥクトゥクは普通自動車免許で運転でき、3、4、7人乗りを用意。時間は30分で、料金は3人乗りが3080円、4人乗りが4180円、7人乗りが7810円。4人乗りや7人乗りはオプションでチャイルドシートも装着できる。  営業時間は午前9時から午後6時までで、当日受け付けは午後3時まで。水曜定休。  問い合わせは、トウマトゥクトゥクレンタル(電話0494・26・6004)へ。

【関連記事】