Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エストリル12時間耐久レースで日本のTSRが25秒差で2位! 年間王者にはSERTが輝く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

エストリル優勝はYART、タイヤはBSがワンツー

2019-2020シーズンの世界耐久選手権がエストリル12時間耐久レースで最終戦を迎え、年間タイトルの可能性を残していたF.C.C. TSRホンダフランスは優勝したYARTからわずか25秒差の2位となった。年間タイトルはレースで4位に入ったSERTが獲得した。 【写真×5】ホンダ「スーパーカブ110」に新エンジン! タイ発表の新型に謎のロングストロークエンジン搭載 ●情報提供:FIM EWC、TSR

新型CBR1000RR-Rの戦闘力を誰よりも早く高めたTSR

ポルトガルで開催されたエストリル12時間耐久レースは、2019-2020 FIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦。今シーズンはコロナ禍から本来は最終戦となる予定だった鈴鹿8耐が中止になるなど波乱のスケジュールとなったが、2019年9月に行われた開幕戦ボルドール24時間から年末のセパン8耐、8月のルマン24時間(4月開催予定だったが延期された)、そして最終戦エストリル12時間耐久レースと、全4戦で年間タイトルが争われることになった。 2017-2018シーズン、日本国籍のチームとして初めて世界耐久選手権の王者となったF.C.C. TSR Honda Franceは、旧型CBR1000RRで2019年のレースを戦ったが開幕戦ボルドールで10位、第2戦セパンで13位と思ったような結果は残せず、その後のコロナ禍で今シーズンの開催数が減ったことからタイトル獲得も難しいかと思われたが、8月のルマン24時間で優勝(関連記事参照)。チャンピオンの望みを繋いで最終戦に臨んだ。 レースでは予選トップがYART(YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM)、TSRは2位となり、ランキングトップのSERT(SUZUKI ENDURANCE RACING TEAM)とのポイント差をわずかながら縮めて決勝レースへと臨むことに。 無観客開催となったことからスタート進行は超時短で行われ、ダミーグリッドについたらウォームアップ周回、そしてそのまま決勝レースがスタート。#5TSRは好スタートからトップ争いを展開し、#37BMWの転倒後は#7YARTとの一騎打ちとなった。ともに1分40秒台前半のペースで周回を重ねていくが、どちらのチームも逆転タイトルを獲得するには、勝利したうえでポイントリーダー#2SERTの結果を待つしかないという状況だ。

【関連記事】