Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3連勝でグループ1位となった水戸商業が上位トーナメント進出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

「第18回金沢ユースサッカー大会2020 supported by Athle」の2日目が8月6日に石川県内の各会場で行われた。グループBの水戸商業とレノファ山口FC U-18の一戦は、4-1で水戸商業が勝利。この結果、3連勝でグループ1位となった水戸商業が上位トーナメント進出を決めた。 【フォトギャラリー】レノファ山口FC U-18 vs 水戸商  水戸商業が今年度に入ってから行った練習試合は4試合のみでゲーム感や体力面などは万全の状態と言い難い。佐藤誠一郎監督も「昨年のチームの方が良いチームだった」と選手にハッパをかけるが、所々で見せる粘り強い守備はさすがの一言。指揮官が「ボールを持たれるのは覚悟の上、守備からリズムを作るのがチームの狙い。途中から出来るようになり、速い攻撃が機能し始めた」と振り返ったように、理想的な展開で白星を掴んだ。  序盤から、後方からパスを繋ぐレノファ山口のペースで試合が進んだが、「相手にボールを持たせて、自信のある走力で勝負するのが自分たちのサッカー」(93番MF佐川留菓)と豊富な運動量で要所を封じた。攻撃では70番FW神保慶人と63番FW佐川留偉がスピードを活かして見せ場を作り、前半21分に先制点をマーク。この1点で流れを引き寄せると、後半はカウンターやサイドチェンジから、右の65番MF巻田有生と左の74番MF小林湧大がクロスを入れて、決定機を作った。後半7分には中盤でボールを受けた巻田がゴール左隅にミドルシュートを叩き込み、レノファ山口を突き放すと、21分には佐川留偉がPA内で倒されPKを獲得。このチャンスは1番GK吉本空雅に阻まれたが、流れからの右CKのこぼれを神保が押し込み、3点目をマークした。試合終了間際にも、66番DF海老澤大育が打点の高いヘディング弾を決めて勝負の行方を決定づけた。  対する山口は、FW9番上村音生のポストプレーやサイド攻撃が目を惹いたが、「最後のクロスの質やシュートが決め切れなかった」(4番DF金坂励耶)ため無得点が続いた。しかし、28分にはPA左外で奪ったFKから金坂がヘディングシュートを叩き込み、最終スコアを4-1で終えた。  参加16チームの中で3連勝は水戸商業のみ。毎試合3点以上を奪い、12点を記録する攻撃力も特筆に値する。「今の2年生たちに和倉ユースに行って欲しいので、今年は昇格を目指して頑張りたい。選手権があることを願って、自分もチームもレベルアップを目指したい」と佐川留医が話すように大会にかける意気込みも他のチームよりも強い。今大会でタイトルを掴み、冬の躍進へと繋げられるか注目だ。 (文・写真=森田将義)

【関連記事】