Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

iPhoneでOK!最高にオシャレな結婚指輪の撮り方4選【上級編】|CLASSY.

配信

magacol

今や結婚報告の場は「インスタ」が当たり前!せっかく彼から贈られたリング、雑誌に載っているような写真を撮って、残しておきたくはありませんか? 実は、iPhoneの「ポートレートモード」と虫眼鏡を使えば、プロ級の1枚が撮れちゃうんです。今回は、【上級編】のテクをご紹介します。背景の構図にまでこだわることがポイント! 料理写真が即上手くなる秘密のテク6選【プロ直伝でインスタ映え】

「ポートレートモード」と「虫メガネ」が大活躍!

【ポートレートモード】 iPhone7 Plus以降に搭載されている、カメラの機能。背景をぼかすことで写真全体に奥行きが出て、被写体を目立たせることができます。

【虫メガネ】 虫メガネをかざして撮影することで、小さな指輪でも主役として大きく見せることができます。

1. リング自体を“O”に見立てて絵になる言葉を作る

SNSでもよく見かけますが、真俯瞰からの平面的な撮り方になるので、ポイントはどう“奥行き”を作るか。ここでは布と皿という素材感の異なるものを下地として重ね、写真が平板な印象にならないようにしています。つるっとしない素材の立体感が大事。 リング「ルヴォワール」〈Pt ×D0・2ct ~〉¥290,000~ (エクセルコ ダイヤモンド/エクセルコ ダイヤモンド 東京本店)

POINT 素材感の違うものを重ねて奥行きを作る

2. お菓子の上に置く

〈ポートレートモード×虫メガネ〉 マカロン、チョコレート…お菓子の上にリングを置くのは、一度は挑戦してみたい撮り方。かなり現実離れした表現になるので、それに合わせてちゃんと背景を作り込むことが大切です。お菓子と色味を合わせるほか、今回のように楽しげな“雰囲気”をリンクさせたりすると、写真の完成度はグッと上がります。 リング「アレ」〈Pt ×センターD0・2ct ~〉¥299,000~(ニナリッチ プレステージ/エスジェイ ジュエリー)

POINT 背景にプロップスを置いて、楽しい雰囲気に

3. 人形に持たせる

〈ポートレートモード〉 LEGOの人形を使ったりする撮り方が有名ですが、ポイントはここでも背景をどう作るかということ。あまり凝ったことをしなくても、実は布を垂らすだけで簡単に雰囲気を出せます。緑ならガーデンウェディング、青なら空や海のイメージに。その際、やや淡い色合いのほうがまとまりやすくなります。 リング〈Pt ×センターD0・2ct ~〉¥310,000~(4℃/エフ・ディ・シィ・プロダクツ)

【関連記事】

最終更新:
magacol