Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

5月に入って「B2Bクラウドサービス」関連サイトの訪問数・CVR数が落ち着きを取り戻す【WACUL調べ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

WACUL(ワカル)の社内研究所であるWACUL Technology&Marketing Lab.は、コロナ禍が業界に与えた影響について、調査分析した結果を発表した。5月下旬に発表された「コロナショックの影響」の第2弾となる。 B2Bクラウド(ECパッケージ、グループウェア、遠隔会議・テレビ会議、営業・マーケ、事務効率化、情報収集、HR-Tech)、ブライダル(フォトウェディング、プランナー、結婚指輪)、旅行(ポータル、レジャー施設、宿、旅行代理店)の3業界・14領域の100サイトが対象。前回調査は、2019年2月から2020年4月までの訪問数およびCVRの推移(2019年2月を100とする形で指数化)だったが、今回は、緊急事態宣言の解除以前・以後の期間を含む、5月末までの分析結果となっている。 参照:前回発表に関する記事 → 新型コロナが“追い風”になったのは「B2Bクラウド」業界、100サイト緊急調査で2極化が判明【WACUL調べ】  

「B2Bクラウドサービス」の需要は高止まり、CVRは前年同月比698%

「B2Bクラウドサービス」関連サイトの訪問数推移は、2019年2月比で129%。4月と比較すると数字は下がっているが、もともとゴールデンウィークは閑散期にあたる業界であるにも関わらず、前年同月比では166%と高い水準を維持している。CVRについても同じ傾向が見える。

B2Bクラウドのなかでも、特に急拡大している「遠隔会議システム」も、5月に入りやや水準は下がったが、それでも好調に推移している。CVR推移でも前年同月比698%と、情報収集だけでなく商談成立などの具体的な成果に結び付いていることがわかる。

なおHR-Tech、グループウェアは、やや落ち着いて軟調の状態。グループウェアに関してはCVRの上下動は小さい。一方、営業・マーケティング系のクラウドツールは、下降傾向が5月に入り2020年初頭の水準に落ち着いてきており、業務の回復をうかがわせる。事務効率化ツールもコロナの過剰な影響は感じられない数値だ。