Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『MIU404』第4機捜の“顔面配備”! 劇団☆新感線の看板役者・橋本じゅんの風格

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 新たな刑事バディものとして好評の『MIU404』(TBS系)。蓋を開けてみれば、『アンナチュラル』のプロデューサー・新井順子、演出家・塚原あゆ子、脚本家・野木亜紀子のタッグらしい、人と人との繋がり、そこから生まれる思いを見つめたドラマになっている。 【写真】橋本じゅん×岡田健史の濃い顔バディ  軸として立つのは、もちろん綾野剛と星野源演じる伊吹藍と志摩一未のバディだが、他のキャラクターもみな素晴らしく、橋本じゅんと岡田健史の演じる、第4機動捜査隊のもうひと組のバディも印象を残している。特に橋本が演じるベテランの陣馬耕平は、第4機捜の屋台骨と言っていい存在だ。  橋本のことをよく知らない人でも、「きっと彼は舞台人だろう」との匂いを嗅ぎ取っているはず。その通り、橋本は、人気劇団、劇団☆新感線で古田新太と並び立つ看板役者だ。もちろん映像作品にも多く出演しており、NHKの連続テレビ小説『ひらり』、映画『図書館戦争』の玄田竜助役などで知られており、今期のNHKの連続テレビ小説『エール』では、閻魔様役で登場して話題を集めた。  そして『MIU404』では、まっすぐで熱く、器が大きく、どこか愛らしさもある男、陣馬を好演している。  警視庁刑事局長の父を持つキャリア組の九重を前に、媚びをうる刑事が多いなか、陣馬は最初からフラットに向き合った。筋ハラやノミニケーションに誘う、ひと世代前の言動もあるが、“顔面配備”が特技の外見からは想像できないほど、言うことは言うが、しかし押しすぎない絶妙なバランス感覚で若者(九重)に接し、九重自身が意識しすぎていた、局長の息子として見られる重しから解放していった。

 志摩の過去が描かれた第6話では、志摩のかつての相棒・香坂(村上虹郎)が、弱音を吐けず自らを追い詰めていったことに、九重が「自分が使えないヤツだって認めるのは怖いですよ」と漏らした。この言葉自体、九重が陣馬へ心を開いている証であり、その後に続く陣馬の「間違いも失敗も言えるようになれ。バーンって開けっぴろげによ。最初から裸だったら、なんだってできる」との言葉は、九重はもちろんのこと、多くの視聴者の胸に刺さった。そして、その言葉がまっすぐに届いたのは、そこまで橋本が積み上げ、滲ませてきた陣馬の人となりがあったからこそだった。  特技の“顔面配備”を生かした第9話では、九重が、その傷になりかけていた成川(鈴鹿央士)を逮捕という形で救い出した。そして物語は佳境に入り、久住(菅田将暉)がいよいよ動き出した。その久住を知るのは、成川であり、たどり着くためには、陣馬と九重の働きも需要になってくる。注目しどころが満載で、毎話、心を揺さぶり続ける『MIU404』だが、橋本には、その舞台で鍛え上げた顔面とオーラで、第4機捜を最後まで支えてほしい。

望月ふみ

【関連記事】