Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

芦田愛菜、“流れ星”に願うなら「猫と話したい! 私のことをどう思っているか聞いてみたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

映画「星の子」の完成報告イベントが、9月3日に東京・恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルームで開催され、主人公・ちひろ役の芦田愛菜、ちひろの両親役の永瀬正敏と原田知世、大森立嗣監督が登壇した。 【写真を見る】まるで本物の親子みたい…息もピッタリな芦田愛菜と永瀬正敏&原田知世 この作品は、家族の幸せを信じてさまざまな困難や葛藤を乗り越えるために奮闘する少女の物語で、芦田が6年ぶりに実写映画の主演を務めている。 最初に脚本を読んだ時の印象を聞かれた芦田は「“信じる”っていうのが一つのテーマになってるのかなって思いました。すごく身近でよく使う言葉なのに今までちゃんと深く考えたことがなかったなって気が付いたので、自分なりの答えを演じながらちひろと一緒に探していければいいなと思いました」と回答。 そして「髪が長い自分がちひろを演じるというのが、あんまりしっくりこなかったというか、イメージと違うなと思ったので監督に相談させていただきました」と、“ちひろ”を演じるに当たって、自ら髪を切ることを提案したことを明かした。 共演した芦田の印象について「かわいいでしょ? でも、現場にいると心の中に凛としたものがあるというふうに感じました」と永瀬。 原田も「ちっちゃい頃から活躍されているお姿を見てたので親しみを持っていて。今回初めてご一緒して、16歳になってすてきな女の子になってるんだけど、幼い頃の面影というか、かわいらしい部分が見えてくるんですね。だから一緒に芝居してると自然といとおしい気持ちになりました」と笑顔で答え、2人とも娘を見守る親のような満面の笑顔で芦田を見た。 本作のテーマ“信じる”について聞かれると、芦田は「『その人のことを信じます』という言葉って結構使うと思うんですけど、それってどういう意味なんだろう?って考えた時に、その人自身を信じているんじゃなくて、自分が理想とするその人の人物像に期待してしまってることなのかなって感じて。だからこそ、『裏切られた』とか『期待していたのに』とか言うけれど、それはその人が裏切ったのではなくて、その人の見えなかった部分が見えただけであって、見えなかった部分が見えた時に『これがこの人なんだ』って、受け止められる揺るがない自分がいることが“信じる”っていうことなのかなって思いました」と自身の考えを語った。 それを聞いた永瀬は「しっかりしてるでしょう! これ以上の答えはないんじゃないかって思います」と芦田の発言に驚きつつ、「僕が一貫して信じてるのは“映画”。映画には裏切られたことが一度もないので」と自身の熱い“映画愛”を伝えた。 さらに、「星の子」にちなんで「流れ星にお願いしたいこと」を発表。 大森監督は「コロナのない世界」、原田は「自由に旅できる日がやってきますように」、永瀬は平和を祈って「和」と書かれたフリップを開示。 芦田は「私だけ趣旨が違う感じになってしまったんですけど(笑)」と恥ずかしそうな表情をしながら、「猫と話したい!」と書いたフリップを出して、「最近、飼い始めたので、私のことをどう思っているか聞いてみたいですし、『普段、困ってることない?』とか『楽しく生活してる?』とか『ご飯、何がいいの?』とか、聞きたいことがあるので一日だけでもいいから猫と話したいです」とその理由を明かした。 原田が「見終わった後にきっと“信じる”ことについて、友達との関係や家族との関係など、いろんなことを考えるきっかけになるような作品だと思います」と言えば、永瀬は「好きなシーンがあって、それがちひろがあることがあって、あることをするんですけど、劇場で見てもらいながら、“あること”ってこれかな?あれかな?とか考えながら見てもらえればと思います(笑)」とコメント。 そして、芦田が「私はこの映画を通して“信じるって何だろう?”と考えるようになったんですけど、きっとその答えって人それぞれ違うし、答えがあるものではないと思うんですけど、映画を見てくださった皆さんにとって“信じるって何なんだろう?”とか、自分が信じたいと思えるような大切な人って誰なんだろう?とか、考えるきっかけになっていただけたらうれしいです」というメッセージで締めくくった。 映画「星の子」は10月9日(金)より東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=田中隆信)

【関連記事】