Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<私たちはどうかしている>第1部終幕でトレンド1位反響! 浜辺美波“七桜”の激変ぶりに衝撃走る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

浜辺美波と横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水夜10:00-10:54、日本テレビ系)の第6話が9月16日に放送された。ドラマが大きく動き、終盤ではガラリと雰囲気が様変わりした七桜(浜辺)が登場。視聴者の注目を浴び、Twitterでは「#私たちはどうかしている」がトレンド1位に躍り出るなどの反響を呼んだ。(以下、ネタバレがあります) 【写真を見る】火事の炎に包まれ意識もうろうとする椿(横浜流星)。 ■ 「私はずっと椿をだましてた」 同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画が原作。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の花岡七桜と店の跡取り息子・高月椿(横浜)の恋愛模様をサスペンスタッチで描く。 15年前、幼いながらも互いに思いを寄せていた2人。当時、七桜は“さくら”と呼ばれていた。 だが椿の父が殺害され、椿は犯人について「さくらのおかあさん」だと証言。事件を境に2人は“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまったのだった。 自分が“さくら”であることを隠したまま椿との結婚式を間近に控え、妊娠していることに気づいた七桜。そんな中、“第1部終幕”と銘打たれた6話では、物語が大きく動いた。 大旦那(佐野史郎)主催の夕ぎりの茶事の夜、七桜は今日子(観月ありさ)に「私がさくらです」と告白。樹(鈴木伸之)殺害を白状させようとした。 しかし、今日子は樹を殺したのは自分ではないという。さらに、七桜の告白を椿が聞いてしまった。椿が“さくら”を憎んでいることはわかっていた。「私はずっと椿をだましてた。許されなくて当然だ」。その夜の火事に巻き込まれた椿が昏睡状態の間に、七桜はそっと光月庵を去った。 ■ 七桜の闇落ちに反響 そして終盤では、“3年後”の2人の姿が描かれた。火事の痛手から立ち直り、もとの忙しさを取り戻した椿。そばには元婚約者・栞(岸井ゆきの)の姿も…。 一方、七桜は町の和菓子屋「花がすみ」の店主になっていた。独創的な和菓子を作り、世間の注目を集め始めていた七桜。その才能を武器に光月庵から得意客を奪い、「今の光月庵には、消えてもらう」と微笑んだ――。 急展開に、視聴者からは驚きの声が続出。「展開が早くてビックリ」「もう2人は結ばれないの?」などストーリーに引き込まれたという声のほか、光月庵潰しを画策しているらしい3年後の七桜の激変ぶりには「七桜ちゃん、闇落ち!」「七桜ちゃんの色気がすごい」「『可愛い』から『綺麗』になった」といった驚きの声もあふれた。Twitterでは「#私たちはどうかしている」が放送終了後、深夜0時台までにトレンド1位に躍り出た。 樹殺害の犯人はいまだ明らかになっていない。そして、椿の本当の父親もまだ謎のまま。謎を残して9月23日(水)の第7話からは“第2部”が描かれる。 予告動画では、七桜が“光月庵を乗っ取って自分のものにする”という野望を抱いていることや、多喜川(山崎育三郎)が七桜を抱きしめ「僕だけはずっと君のそばにいるよ…」とささやくシーンも。3年でガラリと変わった七桜と椿の新しい関係が描かれていく。 (ザテレビジョン)

【関連記事】