Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「あつ森」博物館は恐竜の最新学説に則った展示をしている? かはくの研究員に聞いてみた

配信

エキサイトニュース

「あつまれ どうぶつの森」、通称・あつ森がニンテンドースイッチ向けソフトの売り上げで歴代トップになるなど、空前のヒットとなっている。あつ森は釣りをしたり化石を掘ったり、自分のペースで「無人島」での生活が楽しめることが魅力のゲームだが、見どころのひとつはなんといっても「博物館」だ。 博物館は、ゲーム上でつかまえたムシやサカナ、化石などを展示できるスポットだが、前作からかなりバージョンアップされ、建物の雰囲気から展示まで驚くほど本物の博物館そっくりに作られている。 なかでも「化石」の展示ゾーンは、東京・上野にある国立科学博物館を思わせるところが多く、ファンの間でも大きく話題となっている。というわけで今回は、あつ森の博物館を、実際に国立科学博物館、通称・かはくに勤める研究者と職員の方々に解説してもらい、その様子を前編・後編に分けてお届けする。

―――こちらが「あつまれ どうぶつの森」の博物館のエントランスです。館長はフクロウのフータで、毎日化石を掘り出して彼に寄贈することができます。 對比地孝亘(以下、對比地):いいなぁ、理想の生活ですね。毎日化石を掘って暮らせるのか。 木村由莉(以下、木村):いい生活ですね。移住したい(笑)。 ―――ただ、この博物館はフータがひとりで管理しています。 田中庸照(以下、田中):かはくは、1分類群につき研究者がひとりですね……。 木村:全部あわせると研究者は約60名ですよ。かはくは日本の博物館としてはすごく多い方ですけども。 對比地:フータ死ぬよ。過労死するよ。

――では、化石の展示室は全部で3つあるんですが、まずは「廊下」の部屋を見ていければと思います。ここの展示は古代生物が中心ですね。 田中:床が、かはく地球館1Fの「系統広場」にそっくりですね。 木村:そしてこれ、床の系統が左右で脊椎動物(脊椎・背骨のある生き物)と無脊椎動物(脊椎・背骨がない生き物)で分かれていますね。 新しい生き物は手前に、後の方に出てくる生き物はちゃんと奥に置かれていて、系統法を忠実に反映しています。

【関連記事】