Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<半妖の夜叉姫>「犬夜叉」から受け継ぐバトン 殺生丸、犬夜叉の娘たちの「自分探し」描く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の殺生丸、犬夜叉の娘たちが登場するテレビアニメ「半妖の夜叉姫」(読売テレビ・日本テレビ系、土曜午後5時半)。テレビアニメ「犬夜叉」「犬夜叉 完結編」のプロデューサーを務め、「半妖の夜叉姫」に企画協力として参加するytv Nextryの諏訪道彦さんは、殺生丸の娘である双子のとわとせつな、犬夜叉とかごめの娘であるもろはの3人のヒロインの「自分探し」が作品の軸といい、「それは犬夜叉の世界のキャラクターからのバトンなんです」と語る。諏訪さんにアニメの見どころを聞いた。 【写真特集】弥勒と珊瑚の息子がイケメン! 殺生丸の娘も 注目カットを一挙に

 ◇娘たちの運命 殺生丸、犬夜叉の新たな一面 せつなととわの母親は…

 「犬夜叉」は「週刊少年サンデー」(小学館)で1996~2008年に連載。妖怪と人間との間に生まれた半妖・犬夜叉と、神社の娘で戦国時代にタイムスリップした女子中学生・日暮かごめが冒険を繰り広げる姿が描かれた。テレビアニメ「犬夜叉」が2000年10月~2004年9月、「犬夜叉 完結編」が2009年10月~2010年4月に放送。劇場版アニメ4作も公開された。

 「半妖の夜叉姫」は、殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインキャラクターとした新しい物語。殺生丸の双子の娘・とわとせつな、かごめと犬夜叉の娘・もろはの3人が、現代、戦国時代と時を超えて縦横無尽に暴れ回る姿を描く。「犬夜叉」と同じくサンライズが制作。「犬夜叉 完結編」の副監督だった佐藤照雄さんが監督を務め、隅沢克之さんがシリーズ構成、高橋留美子さんがメインキャラクターデザイン、菱沼義仁さんがアニメーションのキャラクターデザイン、和田薫さんが音楽を担当するなど「犬夜叉」のスタッフが再結集する。

 犬夜叉ワールドの“その後”を描くことは、諏訪さんはじめアニメ「犬夜叉」制作チームの念願だったという。諏訪さんは、何年もかけて高橋さんにアプローチし、「半妖の夜叉姫」としてその念願は実現。高橋さん自身もメインキャラクターデザインとして作品に携わることになった。

【関連記事】