Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

立花孝志氏「ホリエモン新党」から都知事選出馬も…当選意思なし

配信

デイリースポーツ

 NHKから国民を守る党(N国)の代表で、25日に政治団体「ホリエモン新党」を立ち上げた立花孝志氏(52)が26日、東京・都庁記者クラブで会見を実施。7月5日に投開票が行われる東京都知事選に、同党から出馬することを発表した。6月7日に投開票が行われる東京・港区長選に、同党から通信会社勤務の柏井茂達氏(36)が出馬することも併せて発表した。 【写真】満面笑みでガラケーを取り出し、電話する立花氏  「ホリエモン新党」は、親交の深い実業家・堀江貴文氏(47)の名を用いていると説明。立ち上げの経緯を、柏井氏の出馬が「堀江さんから命令に近い指示のような感じがあった」とし、「堀江さんが都知事選に出馬される可能性が非常に高い。合法的な宣伝活動をしろという意味だろうと考えた」と語った。  そのため、自身は出馬するものの当選する気はないことも明言し、「私に投票しないようにと訴えていく」と衝撃発言も。堀江氏は出馬を表明していないが、「表明は(告示日の)前日か前々日でいいんじゃないかと、今月4日ぐらいに話した」と明かした。

【関連記事】