Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クラファンサイト支援金額1000万円以上! 俳優・木下ほうか氏が監修した注目の機械式腕時計とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウオッチライフニュース

 個性派俳優として知られる木下ほうか氏。近年は自身のSNS等で頻繁にツーリングの写真を投稿するなど旧型のバイク好きとして知られるが、実はアンティークの時計にも造詣が深いことをご存じだろうか。なかでも古い時代のロレックス好きで、20年以上前からコレクションするほどの筋金入りだ。  そんな木下氏が今回、好きな腕時計の製作に初チャレンジ。時計専門誌が展開する時計ブランド「アウトライン」とコラボレーションし、1年がかりで完成させた。名前は“パートナー1(PARTNER 1)”。「毎日の良きパートナーとして愛用してもらいたい」という思いから、自らが命名した。そして現在、10 月の発売に先駆けて時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers(ウオッチメーカーズ)」で先行予約を実施(8月16日まで)。そして、なんとすでに支援金額が1000万円以上と、その注目度はかなり高い。

 このパートナー1について木下氏は「自分が欲しいと思えるものを作ろうと思った」と語る。そのため、これまでいろいろ見てきた経験を生かして細部にこだわったと言う。  1960年代の往年のダイバーズウオッチをモチーフにして、針にはかつて軍用タイプに使われていた剣先型を採用。インデックスは通常のドットタイプと3・6・9のみにアラビア数字を使った軍用タイプの2種類が用意された。また文字盤には時計愛好家の間で「トロピカル」と呼ばれて珍重されている、黒が経年変化して変色したようなブラウンを採用。これも木下氏が特にこだわって再現した色だと言う。

 防水性能は10気圧。サファイアクリスタルの風防は昔ながらのドーム型を採用しつつも、インデックスが歪まないように、美しい曲線になるようにそのフォルムも徹底されている。  そして木下氏が今回一番に力を入れたというのがブレスレットだ。1950年代半ばから60年代半ばに製造された通称“リベットブレス”を、このパートナー1のために当時の仕様に忠実に再現している。しかも精密ドライバーでブレスレットの長さ調整を自分でできる仕様という点は最大の特徴であり、ユーザーにとっても大きな魅力となるに違いない。

【関連記事】