Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中川翔子はしぶとい? 諦めないであがき続ける姿勢:インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 しょこたんこと中川翔子が9月9日、ニューシングル「フレフレ」をリリース。表題曲はTVアニメ『ハクション大魔王2020』のエンディングテーマとしてオンエア中で、キャッチーで耳に残るメロディ、大切な誰かにエールを送る応援歌に仕上がった。同曲の振付「フレフレダンス」は、SNS総フォロワー500万人超えのモデル、動画クリエイター、タレント、アーティストの“ねお”が担当し、ダンス動画も公開。カップリングには10年前に12枚目のシングルとして発表され、BiSHやBiSなどのサウンドプロデュースを手がける音楽集団スクランブルズ代表の松隈ケンタ氏が、作詞・作曲・編曲を手掛けた「フライングヒューマノイド」を2020 Ver.として、アコースティックアレンジで収録。大人な中川翔子を垣間見せた。インタビューでは、「フレフレ」に込めた想いから、YouTubeなど新しいチャレンジを始めたしょこたんの近況、これからどんな歌を歌い続けていきたいか、などしょこたんの今に迫った。【取材=村上順一】

原点回帰した「フレフレ」

――2020年になりコロナの影響で思うような活動が難しい状況かと思われますが、今どんな気持ちで活動されていますか。  世界中の人がそうだと思うんですけど、人生が激変して新しい感覚にどんどんなっていかなければいけない、日々いっぱいいっぱいだったりすると思うんですけど、こういう状況の中でこの「フレフレ」という曲を歌わせて頂けることに本当に意味がある、ありがたいなと思いながら歌わせて頂けることに感謝しています。仕事が全てなくなっちゃって絶望したんですけど、YouTubeを始めました。人って何かやることがあるというだけで気持ちが前向きになるというか、逆にやりたいことはどんどん出てきていて日々楽しいです。  去年はポケモンの映画とアニメの両方歌わせて頂いて、5年ぶりのアルバム『RGB ~True Color~』もリリースできて、燃え尽きるくらいいっぱいイベントをやって、全て出し切った感がありました。まさか今年もまたアニメの歌を歌わせて頂けるなんてびっくりで大感謝です。こうやってタイアップとか決まって、レーベルの方にも「中川翔子しぶといな」と言われて(笑)。それで“しぶとい”というワードが気に入っちゃって、今Twitterの名前も「しぶとい中川翔子」にしてるんです(笑)。 ――そうだったんですね。昨年はすごく充実していたことが今のお話からも伝わってきましたが、コロナ禍で絶望を感じたと仰いましたが、中川さんは絶望を感じたとき、どんな風になってしまうのでしょうか。  本当に『塔の上のラプンツェル』みたいな感じです。「もうダメだ、私はもう終わりなんだ」みたいな(笑)。仕事が全てなくなるってこんなに恐ろしいんだって。逆に今時間ができてしまったからには何かしないと腐るなと思って、YouTubeチャンネルを開いたんです。 ――YouTubeチャンネルをこれまでやってこなかったのはなぜですか。  やりたかったけど、本腰を入れて「本気でYouTubeをやるぞ」という覚悟と決意と環境がないと無理だなと思っていました。たまたま一緒に麻雀をやっていた仲間がYouTubeの仕事をしていると聞いていたんです。そのチームと今一緒にやっているので凄く気も楽だし、お仕事じゃなくてやりたいからやっている、という感じなので凄く楽しいです。 ――活力となっているんですね。  活力です! やりたいことというのは人間の大事な栄養素なんだなって思いました。全然仕事がなくなって時間が余ってYouTubeで時間が埋まってきて楽しくて、そこから仕事がだんだん入り出してきて。だから今までやらせて頂いてきたことがどれだけ尊いかということが毎日痛感しています。 ――その中でシングル「フレフレ」のリリースも嬉しいですね。  はい! またアニメの曲に携われて嬉しいです。 今回は歌い方など原点回帰したと思います。子どもの頃からずっとブレずに「アニメの歌が歌いたい」という想いがありました。そのきっかけが、アニメのエンディングで優しいお姉さんが素敵な澄んだ声で歌うアニメのキラキラした感じが授業中に頭の中を回ったりするのが好きで憧れを抱き出したというのが根源的にあったのを今回歌いながら思い出せました。 ――作詞は岩里祐穂さんとの共作ですね。  もともとは東京オリンピック・パラリンピックもあるはずの時期だったので応援歌にしたいな、というのはずっと思っていたので、「フレフレ」というタイトルがいいなとずっと思っていたんです。応援歌って元気で踊る感じなのかなって最初思っていたんですけどいざ書いてみたら難しくて…。今のこの世界というところに落とし込んでいただいた、岩里さんは凄いです。もの凄く歌詞をブラッシュアップしてくださいました。 ――温めていたタイトルなんですね。  最初は普通に元気な曲の案とかもあったんですけど、テーマが「優しくてキラキラしている感じ」になりました。歌って本当に宝石というかタイムカプセルというか、その瞬間の、それまでの積み重ねの集大成として残るんです。今だからこそ染みる言葉ってたくさんあって、それがシンプルであればあるほどそうだなと思います。<僕らはまた会える>というのが本当に一番の願いであり約束になると思います。 ――まだ、リリースイベントなど簡単には出来ない状況ですから…。  今リリースイベントができないのは悔しいですけど、今回「フレフレ」のダンスをTikTokなどで募集させて頂いたら、子ども達からいっぱい応募がきまして、泣けちゃうくらい嬉しくて。<僕らはまた会える>とか<誰かが誰かのために 元気を送るよ>というところも、それこそYouTubeでゲーム実況をやっていて感じたことだったんです。好きなことは海を越えて繋がれるって凄く素敵なことだというのを改めて実感しました。 ――他にも気に入っているフレーズはありますか。  <あたりまえの日々がずっと続くと思ってた 両手いっぱい抱えきれない 思い出と並んで歩いてく いっしょに  きっと きっと 忘れないでね いつか 夢の空 大きな虹を架けるから>というところが大好きです。ここが原点回帰で、大人のお姉さんが優しく歌うキラキラした感じを全部ぶつけたいということで、<夢の空>という部分は何回も録り直しました。 ――このセクションいいですよね。落ちている感じはあるけどサビにも負けないキャッチーな感じもあって。今の時代に合った曲と感じます。今回ダンスがありますが、MVの撮影はいかがでしたか。  今をときめく「ねお」ちゃんが振り付けをつけてくれるというのは嬉しかったです。私はこの世で一番踊りが苦手なんです…。振り付けの映像を撮るためにフルサイズで踊るというのが凄く難しくて。何回もやってノーミスで踊れたのが多分一回だけだと思います(笑)。何度も失敗するんですけど、その度にねおちゃんが「しょこたんさん、とっても素敵に踊れてます!」と褒めてくれるんです。 ――MVを拝見した限り、苦手そうには見えませんでした。  ありがとうございます。でも、体育の成績は「1」ですから…。それこそある番組で走った後ろ姿が「ポケモンのナットレイみたいだよ」って言われるくらい本当に運動神経がひどいんです。でも、重ねてやっていくといつかはレベルが上がるものなので、繰り返しこの歌を披露できるようにして、いずれノーミスで踊れるようにしたいです。できたときの楽しさは格別だよというのは伝わったらいいなと思います。昇り続けないと人間って落ちちゃうだけだから、良いチャレンジの機会を頂けたなと思います。 ――苦手なことにも挑戦するマインドは素晴らしいです。  振り付けもシンプルなようで派手だし面白いんです。<ハートで祈ってる>のところはアクビちゃんっぽくて可愛いし。本当はリリースイベントとかして一緒に歌って踊ってということをしたかったんですけど、TikTokで募集してみたら子ども達からたくさん応募が届いたので本当に嬉しかったです。覚えて踊ってくれたというのは絶対に思い出になることだし、一緒に今を生きた証を残せるというのも嬉しかったです。

【関連記事】