Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「市販薬より処方薬が効く」は本当か 病院に行くべき適切なタイミングとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 風邪が流行する季節、真っただ中。「薬が欲しいけれど、病院に行くべきか、薬局で買うべきか」…そんな風に悩んだ人も多いのではないだろうか。「医者が教える正しい病院のかかり方」(幻冬舎新書)の著者で、消化器外科医の山本健人氏が、薬をどう入手すべきかについて解説する。 * * *  医療の専門家でない患者さんが、市販薬で対応してもいいものか、病院で医師に薬をもらうべきなのか分からなくて難しい、と感じるのは当然でしょう。薬に関する基本的な知識をまとめ、医師の視点で考えた「理想的な対策」をご紹介したいと思います。 ▽処方薬と市販薬が同じ?   まず、市販薬(正確には「OTC薬」)の中には、病院で処方されるものと同じものが市販されている、というケースがあります。  例えば、解熱薬(熱冷まし)や鎮痛薬(痛み止め)としてよく使用される「ロキソプロフェン」は、病院で処方されるもの(ロキソニン<R>錠)と、市販されているもの(ロキソニンS<R>錠)で、成分・成分量が全く同じです。

このため、例えば「いつもの風邪の症状が出ているので、解熱薬が欲しい」といったケースであれば、症状が辛いのに病院に行って、長い待ち時間に耐えるのはお勧めできない、と私は考えます。  アレルギーの薬であるアレグラ<R>(フェキソフェナジン)もよく知られた薬ですが、同じく市販薬と処方薬が同じ、というものです。  また、一般的な「風邪薬」として有名な「PL顆粒」も、市販薬(パイロンPL顆粒)と処方薬(PL配合顆粒)で成分に大差はありません。  正確には、以下のように市販薬の成分がやや少なめに設定されてはいるものの、「市販薬で効果がない時に処方薬に切り替えることで劇的に効果が変わる」ということは、医学的には考えにくいでしょう。 <PL顆粒の成分や用法> ※1包あたりの成分量 ・サリチルアミド 市販薬=216ミリグラム/処方薬=270ミリグラム ・アセトアミノフェン 120ミリグラム/150ミリグラム

【関連記事】

最終更新:
47NEWS