Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソニー“コロナ決算”の救世主は「ゲーム事業」…営業益1%減、粛々と進める「変化への対応」とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

8月4日、ソニーは2020年度第1四半期の連結業績と、2020年度通期の業績見通しを発表した。 【全画像をみる】ソニー“コロナ決算”の救世主は「ゲーム事業」…営業益1%減、粛々と進める「変化への対応」とは 2020年度第1四半期の売上高は1兆9689億円(前年同期比432億円増)、営業利益が2284億円(前年同期比 25億円減)。新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けた時期としては、意外とダメージが少ないように見えるが、もちろんこれには理由がある。ゲーム事業と金融事業の好調でカバーしたのだ。

2020年度の業績見通しは前年から「営業利益2255億円減」

とはいえ、発表が延期されていた2020年度の連結業績見通しは、明るいものではない。売上高は8兆3000億円と前年並みに落ち着くものの、営業利益は6200億円と、前年同期比で2255億円(約27%)の減益となる。 オンラインで行われた発表会にて、同社副社長 兼 CFOの十時裕樹氏は、「変化できるものが生き残る。今年度はコロナの影響からのリカバリーを含めた戦略構築が重要な年」と語る。ソニーが見るチャンスとリスクはどこにあったのだろうか?

絶好調の「ゲーム事業」がソニー全体のマイナスをカバーした

2020年度第1四半期、ソニーになにがあったのか? セグメント別業績を見れば一目瞭然だ。ゲーム事業の利益が圧倒的に大きい。 映画・音楽などのコンテンツ領域や、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(いわゆるデジタル機器、以下EP&S)、さらには、昨年までソニーの稼ぎ頭の1つとされていたイメージセンサー関連(イメージング&センシング・ソリューション)事業まで、ほとんどが大きく売り上げを落としている。 その中でゲーム事業は、前年同期比で32%の大幅増収となる6061億円を売り上げ、営業利益も1240億円(前年同期比502億円増)と好調だ。これは、売上高こそ2019年の第3四半期(6321億円)より少ないものの、営業利益ではほぼ倍(535億円)という、極めて大きな水準だ。 好調の理由は、新型コロナウイルスの影響による、いわゆる「巣ごもり需要」。だが、同時期に自社制作タイトル「The Last of US Part II」が全世界累計で400万本を突破するヒットとなった影響が大きい。ソニーが公開した決算補足資料によれば、第1四半期のみでPS4のゲームは9100万本が売れ、そのうち自社タイトルは1850万本となっており、利益貢献につながった。 しかも、ダウンロード販売比率は74%にも達している。さらに、ゲームの追加コンテンツへの課金は、ゲームソフト全体の売上(4324億7900万円)の57%にもあたる2469億700万円。ネットワークからの収益の急上昇は、利益率をさらに押し上げる。 2020年末には次世代機「PlayStation 5」の発売を控えており、PS4は2019年から市場が緩かやな減速傾向にある……との見方が強かったが、「巣ごもり」と「ヒットタイトル」の相乗効果により、ソニーにとっては特にプラスな状況になった、と言えそうだ。 なお、PS5の立ち上げは「ハード、ソフトともに順調」(十時副社長)。マーケティング費用などに相応に大きな投資が行われるが、上半期のPS4のヒットによって、立ち上げリスクが大幅に軽減された、とみて良さそうだ。

【関連記事】