Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“生理は個性”で本当にいいの?花王・ロリエ「kosei-fulプロジェクト」が炎上した理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

花王が8月から生理用品「ロリエ」のために打ち出した新たなプロジェクト「kosei-ful」が、SNS上で批判を浴びている。 【全画像をみる】“生理は個性”で本当にいいの?花王・ロリエ「kosei-fulプロジェクト」が炎上した理由 同プロジェクトは「生理を“個性”ととらえれば、私たちはもっと生きやすくなる」というメッセージの下、スペシャルサイトをオープン。サイト内には、俳優の清野菜名さんを起用した動画広告や、花王の女性社員72人に対して行われた、生理に関するアンケートの結果などが公開されている。 動画広告には「生理がしんどいと思った時には、我慢してしまう」「上司には理由までは言えないかもしれない」といった女性たちの意見が並ぶ。 また、アンケートの中には「あなたにとって生理とは?」「生理痛がひどい時休む?休まない?」といった質問のほか、「『生理痛がしんどいので休みます』と後輩からメール。あなたはどう思う?」というものも。その回答として「私も生理中にはしんどいけどがんばってるのに……って」「体調不良の報告でいいのに」といった答えも掲載されている。 コンセプト文全文は、以下だ。 誰かが生理で休んだとき、「お大事に」って口では言ったけれど、心のどこかでは「生理で休むなんて…」と思ってしまうことがあったり。“生理は一人ひとり違う”頭ではわかっていても、女性同士だからこそついつい自分にあてはめて考えてしまうのが、リアルだったりする。 けれど、その違いを 受け入れ合うことができれば。違いを“個性”ととらえることができれば。今まで見えなかったことに気がつけたり、そっとフォローしあえたり、私たちはもっと気持ちよく 助け合えるはずだから。ロリエは、“kosei-ful”プロジェクトを はじめます。

女性同士のメンタルの問題じゃない

この「生理を“個性”ととらえれば、私たちはもっと生きやすくなる」に始まるメッセージに対して、Twitter上では批判が多く寄せられている。 「『同僚が生理痛で仕事休むのをイライラせずに個性として受け止めれば生きやすくなるよ』とかほざいてるけど誰かが不意に休んだ時に同僚に負担が行くような労働及び職場環境強いてる企業がどう考えても悪いやろ。何女同士のメンタルの問題にすり替えとんねん」 「血圧がすごい高かったり、会社を休むほど胃が痛くなるのを個性とはいわないのに、生理はなぜか正常な状態からはずれていても個性といわれてしまうことが多い。私も10~20代のときずっと痛みが強くて鎮痛剤飲みまくってたのを個性だと思っているうちに病気が進んでいて、卵巣片方失ったよ」 「そもそも生理ってなかなか人と話す機会とか勉強する機会が少ないので『この痛みは普通か』とか『この周期っておかしいのか』って考えたことすらない子達もいるだろうし、そこで大々的に『個性です』とかタイトル出されたら疾患も見逃されてしまう恐れがあるよ」

【関連記事】