Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

加藤シゲアキがスキャンダルを追う週刊誌の記者役に! 「この物語に込められた痛烈なメッセージに、強く胸を打たれました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

11月22日(日)より、WOWOWプライムにてスタート予定の「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」。このほど同ドラマの新キャストとして、加藤シゲアキが出演することが明らかになった。 【写真を見る】加藤シゲアキは、「何が正しいのかわからなくなる世界で葛藤する井波には、誰もが共感できるのではないかと思います」とコメント 本作は、中山七里が2020年3月に刊行したばかりの同名小説をドラマ化。週刊誌の世界で生きてきたジャーナリスト・志賀倫成(上川隆也)がある事件の“当事者”となり、「追う」立場から「追われる」立場となりながら真実に迫っていく報道サスペンスだ。 犯罪の当事者になってしまった人間は、理不尽な茨の道をどう乗り越えていくべきか。そして、報道の自由や意義とは一体何なのか。何かと報道のあり方が問われている今、本作はドラマという形を通じてそこに真っ向から切り込んでいく。 ■ 上司を追い詰める若手記者を加藤が熱演! 本作で加藤が演じるのは、雑誌「週刊時流」の若手記者・井波渉(いなみわたる)。週刊誌報道の正義を巡って上司である志賀とぶつかるという役どころだ。 やがて井波は、息子が起こした殺人事件をきっかけにバッシングされ“追われる側”となった志賀に、記者として密着取材することになる。 加藤がWOWOW「連続ドラマW」に出演するのは今回が初。また、週刊誌の記者役にも初挑戦となる。本作のテーマの一つである「報道の自由や意義とは一体なにか」を正面から問う重要な役どころを、文筆家としての顔を持つ加藤がいかに演じるのか注目だ。 ■ 「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」あらすじ 巷に溢れる数々のスキャンダルを暴いて売上を伸ばしてきた、大手出版社の雑誌「週刊時流」。副編集長の志賀倫成(上川隆也)は、ジャーナリストとしての自負を持ち、充実した生活を送っていた。 だがある日、大学生の息子がストーカー殺人を起こし、その場で命を絶つという事件が起こる。スキャンダルを追う立場から一転、容疑者の家族として追われる立場になった志賀。別の雑誌へと左遷され、やがて、妻とも上手くいかなくなる。 そんな絶望的な状況の中、ある少女との出会いが再び志賀を突き動かす。果たして事件の真相とは何だったのか? そして深い闇の中で見つけた、一条の光とは? ■ 井波渉役・加藤シゲアキ コメント ――今作のオファーを受けた際のお気持ちについて WOWOW のドラマに出演させていただくのはこれが初めてですが、社会派でウェルメイドな作品が多い印象があり、機会があればぜひ出演してみたいと思っていました。その願いがこれほど早く叶ったことに、とても驚いています。また、その原作が中山七里さんだというのも二重の驚きです。 そしてスタッフの方とも直接お会いし、このドラマにかける思いを聞いて、今こそ届けられるべき有意義な作品だと実感しました。何より、複雑な心情を抱く主人公の志賀を上川隆也さんがどのように演じられるのかも楽しみで、撮影が始まる日が待ち遠しいです。 ――脚本を読んでの印象や、今回演じられる井波渉についての印象はいかがですか。 実際の事件などがモチーフとなっていることもあって、リアリティを感じました。情報に左右されがちな昨今において、真実を追い求める難しさ。つい見失ってしまう、人としてのあり方。他者との関わりとはなんなのか。この物語に込められた痛烈なメッセージに、強く胸を打たれました。 演じさせていただく井波渉は志賀とは上司と部下ですが、話が進むにつれて一般的な関係とは異なり、いびつなものになっていきます。スキャンダルを扱う編集者は、一体どうあるべきか。何が正しいのかわからなくなる世界で葛藤する井波には、誰もが共感できるのではないかと思います。 ――視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。 いつでもどこでも情報を手に入れられる現代で、自分で考える力を諭してくれる温かくも力強いドラマです。苦しい現実に立ち向かう登場人物たちの姿に、きっと勇気づけられるはずです。夜がどれほど暗くても―――。そののちに続く言葉は何なのか。ぜひ最後まで見て、答えを出していただけたらと思います。(ザテレビジョン)

【関連記事】