Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カワサキZ900RSをカーボンエアロでスポーティにドレスアップ【ブレス アールズ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

マシンが本来持つスポーツ性を、ルックス面でも大きく演出

神奈川県相模原市に本拠地を構えるブレスクリエイションは’95年に誕生。ホンダ フィットやトヨタ ハイエースといった4輪用エアロパーツで人気のメーカーだ。そのブレスクリエイションが、素材にカーボンを使用した品質の高いドレスアップパーツで新しいバイクライフを実現しようと立ち上げた2輪専門ブランドが「BLESS R’s(ブレス・アールズ)」だ。 〈関連写真×15枚〉カワサキZ900RSをカーボンエアロでスポーティにドレスアップ【ブレス アールズ】 なぜ2輪も? という最初の問いに対し、実は同社は4輪用パーツを手掛ける前にビッグスクーター用のエアロパーツからスタートしており、CB1100RSを愛車とする高橋永至社長は大のバイク好きで、当時のノウハウに4輪で培った技術をプラスした本格バイク向けパーツを作りたかったのだ、と返ってきた。 そして今春の東京モーターサイクルショー出展に向けて満を持して制作していたのが、今回紹介するカワサキZ900RS用のエアロパーツ群だ。狙ったコンセプトは、素体の持っているスポーティな部分を軽量なカーボンエアロパーツによってさらに引き出してあげるというもので、特徴的な形状のラジエターシュラウドやサイドカバー、フロント&リヤフェンダーにヒールガードカバー、アンダーカウル(開発中)と勢揃い。カーボンは平織りウェットで、仕上げはそのまま使える光沢クリア塗装と後での塗装を前提としたゲルコートの2種を用意している。製品版では一部にFRP版も設定する。 ストライカー製のストリートコンセプトフルEXマフラーと共に組み合わされたZ900RSは、STDよりそのスポーティさをグッと強調。残念ながら本車両は東京モーターサイクルショーの中止により出展は実現できなかったが、構想ではセパレートハンドルも装着。さらにスポーティな姿へ発展できる可能性も秘めている。 同社では他に、CB1100RS、ZRX1200DAEG、ゼファー1100、XJR1300、CRF250M/L用パーツも制作。さらに本誌でスクープしたCB1000RのFスタイルがもし実現したら、ぜひ真っ先に手掛けてみたいと語っている。 〈写真02〉ノーマルで倒立フォークを持つZ900RSでは、カスタム感や速さ感がカーボンパーツによって大きく引き出せることも大きなポイントだ。 〈写真03〉ラジエターシュラウドがエアロダクト風にサイドを覆い、レーシーさを大きく演出してくれる。●価格:ゲル3万1460円 塗装済み4万3560円 〈写真04〉フロントフェンダーはスリットが入ったスポーティなデザインで、STDより軽量に仕上がる。●価格:ゲル3万2340円 塗装済み4万2790円 〈写真05〉サイドカバーはレーシーなアルミメッシュのダクトが目を惹く大きなポイント。●価格:ゲル2万8600円 塗装済み4万700円 〈写真06〉リヤフェンダーはチェーンガードと一体化してノーマルにないスポーティさを演出。FRP版もあり。●価格:ゲル4万1250円 塗装済み5万4450円 〈写真07〉写真のアンダーカウルは社外マフラー用で大型形状の純正マフラー用もあり。カーボン版と黒色FRP版があり、ともに今夏発売予定だ。 〈写真08〉リヤショートナンバーベースは純正ウインカーとナンバー灯に対応する。●価格:塗装済みカーボン5万4120円 塗装済みFRP3万6850円 〈写真09〉純正パーツの上に被せるステップヒールカバー。ステップまわりの質感が一気にアップする。●価格:ゲル1万8150円 塗装済み2万8050円 〈写真10〉カーボンの持つ軽量さと相まってスポーティ感がグッと高まった佇まいに変化。夜のハイウェイを疾走したり、峠を流したりと、アクティブに駆けるバイクライフを求めているライダーにもピッタリの仕上がりだ。

【関連記事】