Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DCMホールディングス 3~8月期は巣ごもり需要や猛暑で売上、利益が過去最高

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東京商工リサーチ

島忠の買収検討で注目

 「ホーマック」などを展開するホームセンター最大手のDCMホールディングス(株)(TSR企業コード:296774693、品川区、東証1部)は9月29日、2020年3~8月期(連結)の決算を発表した。  2020年3~8月期(連結)は、コロナ禍に伴う巣ごもりや在宅勤務の拡大で、家庭内の需要が増加。売上高は2530億1900万円(前年同期比11.0%増)、当期純利益は151億3600万円(同78.4%増)で、同期では売上、利益ともに過去最高を更新した。  DCMホールディングスは9月18日、ホームセンターの(株)島忠(TSR企業コード:310003156、さいたま市、東証1部)の買収を検討していることを明らかにしている。  9月18日に2021年2月期(連結)の通期業績予想を上方修正し、売上高4620億円(前年比5.6%増)、当期純利益195億円(同41.4%増)と通期でも過去最高の売上高と純利益を更新する見通し。ただ、下半期(9~2月)は、新型コロナによる景気の下振れリスクや昨年10月の消費増税前の駆け込み需要や期末のマスクやアルコール除菌などの特需の反動を見込み、今年4月発表の業績予想は据え置いた。