Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナでバイト消え貯金尽きた留学生、給付金で救われ「日本に感謝」

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

「オンライン申請していた政府の給付金10万円が5月20日に振り込まれました。これでもう少し頑張れます」 【全画像をみる】コロナでバイト消え追い詰められた留学生、給付金事務作業に採用され「日本に感謝」 西日本の大学院で学ぶ中国人留学生、韓勇さん(仮名、25)は明るい声で話した。これまで学費以外の生活費は自分で稼いできたが、新型コロナウイルスの影響でアルバイトが激減し、貯金も尽きた。 中国の年金暮らしの両親に5万円を仕送りしてもらい、ぎりぎりの生活で踏ん張っていた5月、特別定額給付金の申請が始まっただけでなく、自治体の給付金申請事務のアルバイトにも採用され、希望が湧いてきた。 コロナ禍で就職活動も苦戦が予想されるが、オンライン化で上京の必要がなくなり「悪いことばかりではない」とも感じている。

弁当工場のバイト、3月からシフト入れず

韓さんは国立大学大学院の修士課程2年生。4月の緊急事態宣言を受け、キャンパスにも入れなくなり、自宅で過ごす時間が増えた。とはいえ、周囲に店舗や娯楽施設が少なく、コロナ前から遊びに出ることは少なかったため、外出できないストレスは感じなかったという。 一方で、収入問題は深刻だった。深刻、という言葉では形容できないくらい追い詰められた。 「ゼミの先生は、学生のアルバイトを好まないのです。だけど僕の両親は60代後半で年金暮らしのため、仕送りを受けていません。だから派遣会社を通じ、人目に付かなくて時給がいい弁当工場で働いていました」 工場では直接雇用されたパート労働者と、派遣会社経由の労働者は同じ作業をしていたが、雑談などから派遣社員はパートに比べ数百円時給が高いことが分かった。 「会社に確認したわけではないけど、パートさんが足りないときに、派遣の僕たちが呼ばれているんだと思います」(韓さん) 韓さんは週2回、8時間働いて月約6~7万円を稼ぎ、家賃や生活費に充てていた。新型コロナが日本経済に影を落とすようになってからも、「外食を控えて弁当を買う人が増えるだろうから、自分の仕事は大丈夫」と心配していなかったが、その見立ては完全に外れた。 3月になると工場からの呼び出しがパタッとなくなった。1回もシフトに入れない月もあり、弁当工場での収入はほぼ途絶えた。3~5月は1円も稼げない月もあり、シフトに入れても月に1~2万円分しか働けなかった。 「推測ですが、派遣の僕はパートが足りないときだけ呼ばれていたので、コロナで雇用が減る中で、(時給の安い)パート従業員が増えたか、シフトを多く入れるようになったのだと思います」 韓さんは工場の仕事のほかに、大学の研究助手としての収入が毎月2万ほど収入があった。けれど家賃と生活費には全く足りず、春先に実家の両親に事情を話し、5万円を仕送りしてもらった。それまでは家賃以外の生活費が3、4万円かかっていたが、服やお菓子の購入をやめ、「食費2万円、食費以外はほぼゼロ円」に抑えている。家賃の安いところへ引っ越しも考えたが、敷金と礼金がかかるので断念した。 その後、通っている大学院が困窮学生の授業料を半減する措置を取ったので、すぐに申請した。アルバイトも探してみたが、人手不足だった数カ月前とは状況が一変しており、求人を出していたお店は営業すらしていなかった。

【関連記事】