Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

歩いているときは体重の2倍半の負荷が!?「ひざ痛」が起こる理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
OurAge

動いて当たり前…と思いがちだけど、痛くなって初めてその偉大さに気づくのが「ひざ」。40代、50代の4割以上がひざ痛を抱えているそうだ。その構造と痛みのメカニズムについて、お茶の水整形外科 機能リハビリテーションクリニック院長 銅冶英雄さんに伺った。 「私たちが立ったり歩いたりする動きも、ひざが柔軟に動くからこそ。それが可能なのは、ひざ関節がとても複雑な構造をしているからです」と、銅冶先生。 ひざ関節は、大きな大腿骨(太ももの骨)と脛骨(けいこつ、すねの骨)、その外側の腓骨(ひこつ)、前面の膝蓋骨(しつがいこつ、お皿と呼ばれる部分)の4つの骨で構成されている。これらが靱帯(じんたい)や腱、筋肉でつながって関節を適切に動かし、軟骨や半月板などが衝撃を吸収する役割を果たす。また、関節を包む関節包の内部には関節液が入っていて、ひざの曲げ伸ばしをするときの潤滑液として働くのだ。 一方、ひざへの負荷は、立っているだけで体重の約1.1倍、歩行で2.6~2.8倍、走ったり階段を下りるとき、ジャンプでは3.5~5倍かかるといわれている。 「クッションとなる軟骨のすり減りや関節の変形、関節包の炎症、関節に水がたまるといった現象が起きると、ひざに痛みが生じます。その痛みの現れ方は千差万別で、現代医学でも解明できない部分が少なくないのが現状です」

関節はこんなに複雑!

ひざ関節には、体を支え、同時に衝撃をやわらげるなど柔軟性を保つ仕組みが備わっている。これにより、座る、歩く、走るなどの動きが可能に。 〈横から見た図〉 前十字靱帯や大腿四頭筋などの筋肉により脚を適切に動かし、関節包(下図参照)に包まれた関節液が滑らかな動きをサポート。

〈前から見た図〉 ひざは大腿骨、脛骨、腓骨、膝蓋骨の4つの骨で構成されている。関節軟骨や半月板などは衝撃を吸収するクッション役に。 監修/銅冶英雄さん お茶の水整形外科 機能リハビリテーションクリニック院長。運動療法、オーダーメイド靴、栄養療法を組み合わせた治療が好評。 撮影/フルフォード海 イラスト/木下綾乃 構成・原文/山村浩子

【関連記事】

最終更新:
OurAge