Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【芦名星さん急死】「結婚相手の条件は会話ができる人」生前に語っていた恋人、友人、家族

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 9月14日午前6時半ごろ、俳優の芦名星(あしな・せい)さんが東京・新宿区内のマンションのクローゼットで首をつった状態で亡くなっているのが見つかった。36歳だった。 【画像】壮絶なDV経験を語ったことも 「芦名さんの遺体を発見したのは、芦名さんのお兄さんです。前日から本人と連絡が取れず、心配してマンションを訪れたそうです。捜査関係者によると、現場の状況から首吊り自殺を図ったとみられています。現場に遺書は残されていなかったと言います」(社会部記者)  自宅マンションの周囲は閑静な住宅街だが、オートロックもなく、芸能人の住むマンションとしては質素な印象を受ける。近隣住民とも気さくに交流していた。 「彼女はここに10年ほど住んでいて、ジャージのような気取らない服装が多かった。コンビニで会うと、『こんにちは!』と明るく挨拶をしてくれました。地元では『芦名さん』というよりは、本名で『五十嵐さん』と呼ばれていましたね。とてもいい人だったのに、どうしてこんなことが起きてしまったのか……」(近隣住民)

10月からの「相棒」出演者リストにも名前が

 芦名さんは福島県郡山市出身。ファッション誌「CanCam」などでモデルとしてキャリアをスタートし、2006年の日本・カナダ・イタリアの合作映画「シルク」では候補者が1000人を超えるオーディションで日本人ヒロインに抜擢。これが転機となり女優としての活動を増やしていった。週刊誌の敏腕記者を演じたドラマ「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)にも2017年から出演し、10月から始まるseason19にも出演が決まっていた。  兄がマンションの鍵を持っていたことからもわかるように、芦名さんは郷里の家族をとても大事にしていた。

月に2、3度、福島の実家へ帰ることも

「家族のことも福島という土地のことも、芦名さんは本当に大好きでした。仕事が忙しくなってからも、時間があれば月に2、3度は実家へ帰ると話していたこともありました。高校に入ると同時に東京へ出てきましたが、実家こそが芦名さんにとって安らぐ場所だったのでしょうね」(芸能関係者)  郡山でも、帰省した芦名さんの姿を近隣住民は何度も見かけたという。  2011年に東日本大震災が起こった際に、芦名さんとたまたま一緒にいたという芸能関係者は、彼女の家族愛を感じたエピソードを話してくれた。 「東日本大震災が起こったとき、芦名さんはV6の井ノ原快彦さん(44)が主演する舞台『芝浦ブラウザー』の稽古中でした。揺れが収まった後に震源地が東北だと分かると気が気ではない様子で、家族の安否をずっと気にしていました。そんな芦名さんの姿を見て、共演者も一緒になって芦名さんの家族が出るまで電話をかけるのに協力していました。それは周囲にも、芦名さんの家族愛が伝わったからだと思います。  郡山の実家やお兄さんが住む宮城の家は被災して、その後の除染など、苦労をしたようですが、その経験もあって募金活動などに積極的に取り組んでいました」(別の芸能関係者)

【関連記事】