Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山口県プレミアム宿泊券、最後の5万枚わずか25分で完売

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中国新聞デジタル

▼事業費の半分は税金で負担、転売防止策なく疑問も

 額面5千円の宿泊券を半額の2500円で買える山口県のプレミアム宿泊券の最後の販売が、12日午前10時から中国・四国・九州地方のコンビニで始まり、5万枚が25分で売り切れた。過去3回の計46万枚も即完売したが、今回は最速での品切れとなった。  宿泊券は新型コロナウイルスで打撃を受ける観光業界の支援策。県内の旅館やホテルで来年1月15日のチェックアウト分まで利用できる。  県が7、9月に3回にわたって11万~20万枚を発売した際は50分~3時間20分で完売。インターネットオークションに出回り、実際の購入価格より高値で荒稼ぎする「転売ヤー」の存在が指摘されている。総額25億5千万円の半分の12億7500万円が税金の負担なだけに、転売防止の仕組みを取れなかったのかなど議論を呼びそうだ。

中国新聞社

【関連記事】