Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「トイレは1日40回」潰瘍性大腸炎の俳優、“忍者”になって壮絶な闘病から復活

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 安倍晋三元総理の辞任理由ともなり、あらためて注目を集めた『潰瘍性大腸炎』。難病指定されたこの病気は、大腸の粘膜にただれや潰瘍ができる炎症性疾患で、寛解までに時間がかかるとされている。現在、俳優活動を行う26歳の井澤こへ蔵さんも、その患者の一人だ。家から出られなかった闘病時、復活のきっかけとなったあるバイトとは? 病気を経験して感じた、今の思いも聞いた。 【写真】同じ病気を克服した高橋メアリージュン、支えた妹・ユウの息子にメロメロ ■21歳で発症、「1日40回くらいトイレに行きました」 ――潰瘍性大腸炎は若年層も罹患しやすいそうですが、発症したときのことを教えてください。  「発症したのは21歳、大学3年の12月でした。友だちと一緒に遊びに行ったときにトイレに行ったら、血で真っ赤になって…。めっちゃビビりなので、すごく驚きましたね。その日は市販薬を飲んだだけだったのですが、翌日に近くの市民病院で整腸剤を出してもらいました。でも、1週間以上経っても全然良くならなくて。もう一度その病院に行き、内視鏡検査を受けたところ、潰瘍性大腸炎だと判明しました」 ――症状としては、どんな感じでしたか?  「発症した当初は、血便と身体のだるさくらいで熱もなく、正直それほどひどくなかったんですよ。処方された薬をしばらく飲んでいたら血便も止まったし、お腹にも効いているようなので、薬をやめたいなと思って。本当は一生飲まないといけないんですが、病院の先生には内緒で、少しずつ薬を減らしていきました。それで寝る、動く、食べるという基礎的な生活を見直していたら、だんだん良くなって。その状態が10ヵ月ほど続いたので、もう治ったと思っていました」 ――でも、治ってはいなかった?  「はい。翌年の夏にまた体調を崩してしまい、そこで初めて入院しました。そのときが一番しんどかったですね。下痢と血便が続いて、40度くらい熱が出て何日もおさまらない。トイレに行く回数が尋常じゃなく、1日40回くらい行ってました。ベッドとトイレの往復ですよね」

【関連記事】