Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐藤祥子/大相撲・戦後初「無観客場所」潜入日記〈静まりかえった会場に行司の声が響く〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

文春オンライン
佐藤祥子/大相撲・戦後初「無観客場所」潜入日記〈静まりかえった会場に行司の声が響く〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

協会御挨拶も無観客 (c)共同通信社

 浪速の地で、令和初となる大相撲春場所。コロナウイルスの感染拡大で通常開催をあきらめた日本相撲協会は議論を重ね、3月1日、無観客での開催を決断した。約650名の力士、約100名の親方、行司、床山、呼出しら約150名、若者頭、世話人も含めた協会員の合計は約1000名となる。「協会員のなかから一人でも新型コロナウイルス感染者が出たら中止」――。  あらゆる競技大会が中止や延期とされ、協会内の当事者たちの間でも賛否両論が渦巻いたが、まるで一か八かの賭けのように、大相撲春場所は決行された。  大相撲の長い歴史のなかでも戦後初の「無観客開催」。緊迫感さえも漂う15日間を追った。 【3月7日 初日前 土俵祭】  千秋楽までの無事を神に祈る意味のある「土俵祭」は、通常は三役以上の役力士が出席するが、今場所は執行部や審判部の親方たちだけで執り行われた。この日までに、専門家の意見を受けた大阪場所担当の“先発親方”らが、夜を徹して会場内を「ゾーニング」。協会員を“無菌状態”にするために、報道陣との接触を避け、それぞれの動線を区分けした。それは「俺たちはバイ菌扱いか」と報道陣が苦笑するほどの徹底ぶりで、支度部屋での取材はできず、代わりに柵を設け、力士と2メートル離れた“ミックスゾーン”での取材となる。

本文:7,149文字

写真:3

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

佐藤 祥子/文藝春秋 2020年5月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます