Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自炊頻度71%UP!?節約に効く業務スーパー人気アイテムTOP20

配信

LIMO

まだまだお家で過ごす時間が多い中、「食費のやりくりが大変」という方も多いのではないでしょうか。 株式会社GEEK WORKSが2020年4月に行なった「全国の10代~60代の男女1,043名を対象に新型コロナウィルスによる自炊への影響について」行った調査によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により自炊頻度が増えたと答えた人は全体の71%にものぼります。 周知の事実ではありますが、あらためて調査結果からも、子どもの臨時休校やテレワークで、家で過ごしている人が増えていたことがうかがえます。

1食あたりの金額を節約している

上記の調査結果によると、「新型コロナウィルスが流行してから外食を除く、1ヵ月の食費」については「増えていない」と回答した人が65%でした。これは、家で自炊する回数が増えたのにもかかわらず、1ヶ月の食費は増えていないということ。つまり、1食あたりの食費をかなりやりくりしている様子がわかります。 ではどのようにして、1食あたりの食費をおさえる工夫をしているのでしょうか。

大きく伸びている業務スーパーの売上

節約の味方、業務スーパーを運営している株式会社神戸物産。業務スーパーは主婦向け雑誌やテレビ番組でも取り上げられることが多いですよね。ここでは、業務スーパーの月次データ「月次 IR ニュース 」をみてみましょう。 神戸物産の2020年2月~4月度の対前年比の既存店売上高は以下のようになっています。 ・2月 対前年比売上高 125.2% ・3月 対前年比売上高 133.7% ・4月 対前年比売上高 134.8% 2019年11月~2020年1月までの売上高昨年対比は116.2%だったことから、2月~4月は学校の臨時休業や在宅ワークなど家族が家で過ごす時間が増え、業務スーパーのようなお得なスーパーでの買い物が増えていることがわかります。

業務スーパーの節約に効く人気アイテム20

全国的にステイホームは緩和されつつありますが、そうはいってもすぐにこれまでの生活に戻るわけではありません。まだお家で過ごす時間が多いため、食費の節約が気になる方も多いのではないでしょうか。 ここからは業務スーパーの節約に効く人気アイテムをご紹介します。 この記事に記載している価格は、この記事を執筆した当時のものです。店舗によっても価格が異なることがありますのでご了承ください。  讃岐冷凍うどん 数ある業務スーパーのアイテムの中でも、リピート率が高いといわれている讃岐冷凍うどん。そのひみつは、5袋入り159円(税込)、1袋あたり約32円という価格にあります。とにかく安いので、冷凍庫に常備しておけば、家族のお昼ごはんなど何かと使えること間違いなしです。  上州高原どり 若どりもも 1袋になんと2kgのもも肉が入っている「上州高原どり 若どりもも」。大体8枚ほどのもも肉が入っています。お値段は1,490円(税込)で、100gあたり74.5円です。スーパーで売っているもも肉と比べると、お得ですよね。 もも肉なので、からあげ、チキンステーキ、野菜炒めなどいろいろな料理に使うことができる万能アイテムです。こちらは冷蔵商品ですので、購入後は食べやすい大きさにカットして冷凍しておくと、とても便利ですよ。  鶏屋さんのチキンカツ 1kg入り399円の「鶏屋さんのチキンカツ」。100gあたり約50円で、揚げるだけで食べられます。普通にチキンカツとしてはもちろん、パンにはさんでチキンカツサンドにしても特別感があっておいしく食べられますよ。  冷凍肉団子 1袋500g入り、172円(税込)の「冷凍肉団子」。人気商品で、ファンも多い商品です。この冷凍肉団子の特徴は、なんとすでに揚げ調理済みであること。スープに入れたり、甘酢あんと絡めるとメイン料理にもなりますよ。  徳用ウインナー なんと1kgで496円(税込)の徳用ウインナー。「徳用」というだけあって、申し分ないボリュームと価格です。毎日のお弁当に、子どものおやつに、とにかくどんなシーンでも使えるので、冷蔵庫に1袋あるだけで頼りになる存在です。  業務用ベーコンブロック 700g入り786円(税込)の業務用ベーコンブロック。かたまりのベーコンは、実際目にしてみるとかなりのボリュームです。贅沢にベーコンを厚めに切ってソテーしたり、薄くスライスしてトーストに乗せたり、ポトフに入れたり、野菜に巻いたり・・・使い方は無限です!   各種フライドポテト 1kg入り210円(税込)の細いフライドポテト「シューストリング」や、1kg入り210円(税込)の厚切りフライドポテト「ナチュラルウェッジ」など、業務スーパーにはいろいろな種類のフライドポテトがあります。 某ファーストフードのポテトMサイズでは約135g入りで280円(税込)。そのため業務スーパーではポテトMサイズの値段で、1kgのポテトを買うことができるのです。調理方法は油で揚げるだけで、とってもお手軽ですよ  厚焼玉子 300g入り148円(税込)の厚焼玉子。玉子焼きすら作る元気がない! というときに重宝する一品です。食感はふわっと柔らかく、やさしい出汁の香りがします。厚めにカットして、食パンに挟んで厚焼玉子サンドにするのもおすすめです。  5種類の野菜ミックス この5種の野菜ミックスには、「にんじん・じゃがいも・玉ねぎ・パセリ・とうがん」が入っています。商品の裏面をみてみると「和風、洋風を問わず煮込み料理やスープなど、様々なお料理にお使いいただけます」と書かれていて、その通り何にでも使えるアイテムです。 とくにカレーを作るとき、この野菜ミックスを使えば面倒な野菜の皮むきが必要ありません。冷凍庫に1つあると、重宝しますよ。  天然酵母食パン 1つ246円(税込)の天然酵母食パン。テレビやSNSで取り上げられることも多い食パンなので、もう知っている方も多いかもしれません。2斤近くあるボリューム感で、このお値段。安い食パンにありがちなパサパサ感はなく、ふんわりしっとりとしたやさしい味わいです。毎日のトーストやサンドイッチにしてももちろんおいしいですが、喫茶店のような厚切りトーストにして食べても、この価格なので罪悪感なく食べられるのがうれしいポイントです。  ポテトサラダ 1kg入り399円(税込)のポテトサラダ。緑のパッケージが目印です。じゃがいもが荒めにつぶされていて、ほくほく感が楽しめます。そのまま食べたり、パンにはさんだり、サラダに添えてもおいしいですよ。  各種スライスチーズ 業務スーパーはスライスチーズもお得です。チェダーチーズは20枚入り310円(税込)、とろけるスライスチーズは15枚入り203円(税込)などがあります。パンに乗せて焼く、グラタンにして焼くなど幅広く使えますよ。  ピザマルゲリータ 「もう今日はピザでも取っちゃおうかな・・・」という日に頼りになるのが、業務スーパーのピザマルゲリータ。1枚322円(税込)なので、宅配ピザよりもかなりお手頃です。このピザなら、何枚食べてもお財布にやさしいので、食べ盛りの子どもがいるご家庭におすすめです。追加でチーズやウインナーをトッピングすると豪華なピザに変身します!   おとなの大盛りカレー おとなの大盛りカレーは、甘口・中辛・辛口があるレトルトカレー。5食入り297円(税込)です。1食あたり約64円で、とてもお手頃です。  野菜たっぷりチヂミ 3枚入321円(税込)の野菜たっぷりチヂミ。フライパンで焼くか、レンジでチンするだけで食べられます。野菜不足が気になるとき、手軽に野菜を食べられるのがうれしいポイントです。  Ca鮭フレーク 業務スーパーの公式サイトによると、「国産白鮭を中骨ごと使用し、鮭の旨味とカルシウムがたっぷり詰まったフレーク」です。160g入り171円(税込)。大きな瓶に鮭フレークがたくさん入っているので、好きなだけごはんにかけて食べることができますよ。チャーハン、トースト、ピザ、卵焼きなどいろんな料理で使うことができるので、冷蔵庫に1つあると重宝するでしょう。  カスタードプリン 1kg入り248円(税込)のカスタードプリン。牛乳パックのようなパッケージで、初めてみたときは「これ本当にプリン!?」と驚きました。実はこのプリン、過去には人気すぎて品薄になったことも。いまでは定番人気商品になっています。1kgのプリンはかなりの迫力ですよ!   リッチチーズケーキ まるで豆腐のようなパッケージに入っているリッチチーズケーキ。500g入り299円(税込)です。濃厚な味がやみつきになるおいしさです。こちらのチーズケーキは解凍してから食べてもおいしいのですが、半解凍で食べるとチーズケーキアイスのようで、これからの季節におすすめです。  白玉団子 1kg入り321円(税込)の白玉団子。ひとくち大の白玉団子が、1袋に約60個ほど入っています。おしるこに入れたり、冷やした白玉団子にあんこときな粉をかけたり、黒蜜をかけるなど、和風アレンジが自由自在です。  チューロス 500g入り127円(税込)のチューロス。テーマパークで販売されているような長いものではなく、業務スーパーで販売されているチューロスは短いタイプです。1袋に約40本ほど入っていて、油であげてから食べます。そのまま食べてもおいしいですが、溶かしたチョコレートやメープルシロップをかけると、甘党にはたまらないおいしさですよ。 ※2020年度の価格になりますが、急遽価格に変動ある場合がございますので、ご了承ください。

まとめ

業務スーパーの食品はお得なものが多いですが、この記事で紹介では特に節約に効く食品をお伝えしました。食費を節約したいけど、おいしいものが食べたい! という方は、ぜひ業務スーパーをのぞいてみてくださいね。 【参考】 「【新型コロナ】自炊頻度71%増加も「食費は上げられない」主婦の本音」PR TIMES 「月次 IR ニュース 」株式会社神戸物産

中島 さち

【関連記事】

最終更新:
LIMO