Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目女優・関水渚、長澤まさみの言葉は「人生の教科書みたい」 “なりすまし親子”の絆

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

長澤まさみは関水との共演シーンを振り返り「かけがえのない時間でした」

 大ヒット映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の特別舞台あいさつ「子猫ちゃん大感謝祭!!~大ヒット御礼舞台挨拶編~」が7日、都内のTOHOシネマズ六本木で行われ、注目の若手女優・関水渚が長澤まさみと共演シーンを振り返った。 【写真】注目若手女優のたおやかなたたずまい…ピンク色ワンピで登場した関水渚の全身ショット  シリーズ初出演となる関水は、長澤が演じる美しきコンフィデンスウーマン・ダー子の子猫(手下)として新チームに加入する「コックリ」という少女を演じた。  SNSで募集したファンからの質問に答えるコーナーで、「子猫になるためには、どんな素質が必要ですか?」という質問に、「素直さが大事ですかね。ダー子さんの言うことは正しいので、それをちゃんと聞き入れるのが大切です」とコメント。小日向文世が「それは、(長澤)まさみちゃんの言うことを聞けってこと?」と茶々を入れると、「まさみちゃんの言うことも人生の教科書みたいな感じなんですけど、それとは別にダー子さんの言うことをちゃんと聞きましょう」と、子猫になるために大切なことを説明した。  また、忘れられないシーンについて聞かれると、もともと「コンフィデンスマンJP」のファンだという関水は、「ダー子さんのスイートルームに行けたのがうれしかったです」と満面の笑み。そんな関水のことを笑顔で見守っていた長澤は、「渚ちゃんが演じたコックリがヒロインなんですが、ヒロインとダー子の関係性が親子ということで(親子になりすまして大富豪の遺産を狙う)、私はずっとお母さんを演じていました。なので、コックリとのシーンは、かけがえのない時間でした」と感慨深そうにコメントしていた。

ENCOUNT編集部

【関連記事】