Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「本当に大事なのは見た目ではない」トップモデル・冨永愛が訴える“美の哲学”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 著者は苛烈な競争が繰り広げられるハイファッション界で、20年間、トップモデルとして世界のランウェイを歩いてきた。本書にはこのようなサバイブ経験から掴み得た“美しい人になる習慣”が、凜とした文章で綴られている。10代から60代の幅広い世代の女性を中心にヒット中だ。 【写真】この記事の写真を見る  特徴的なのは、内容が美肌術、ボディメイク、美しい立ち方・歩き方、食事術など著者が日頃実践しているテクニックに加え、〈本当に大事なのは見た目ではない〉〈他人と比べず、自分の美を追求していくことが、幸せへの第一歩なのだ〉といった美の哲学にも及ぶ点。 「著者は自分自身には徹底的にストイックですが、他者に向けて紡ぎ出される言葉は優しくて愛情深く、正直で男前。そんな著者の生き様そのものが美や成功を生み出す源泉だと感じたので、美容商品を紹介するようなビューティーブックにせず、一流を極めた人の生き方を学べるものにしたいと考えました。読後、気付けば自分の肉体にも愛着が持てている。そんな役目を本書が果たせたらと」(担当編集者の土江英明さん)  巻頭のグラビアページでは、ファッションモデルの著者があえて衣を脱ぎ去り、今の自分を全身で表現。 「指先までぬかりなく魂が宿った肉体に、内側から溢れ出る輝きを感じさせるポートレートは、神々しいアート作品のような仕上がりになりました」(土江さん) 2020年3月発売。初版8000部。現在7刷7万部

山田 由佳/週刊文春 2020年9月3日号

【関連記事】