Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伝染病から市民を守った「皇帝の泉」。アルプスからウィーンへ安全な水を運ぶ、壮大な水道計画の全貌

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ) 世界の多くの国の水道水が飲料に適さない中、オーストリアの首都ウィーンでは、蛇口をひねると、アルプスの源泉から湧き出る美味しい水を、いつでも味わうことができます。 「アルプスの小国」のイメージの強いオーストリアですが、首都ウィーン周辺の地形は平地と森です。中世の頃から、市民が井戸水由来の伝染病に苦しめられていた一方、皇帝や貴族たちは遠くから安全な水を運ばせていました。 貧富の差が水質の差に表れていた時代から、市民が「皇帝の泉」を手にするまでの、壮大な水道工事をご紹介します。

ウィーンの水道の歴史

オーストリアがローマ帝国の属州であった5世紀までは、ウィーンにも優れた土木技術のたまものである、ローマ水道や上水道がありました。ウィーンの森から17kmにわたって引かれた清潔な水は、飲料水だけでなく、風呂にも使われていたほどです。 しかし、中世以降、ローマ水道は忘れ去られ、飲料水は井戸水となります。下水道が整備されていなかったため汚染された井戸水は、ペスト、コレラ、チフスなどの病気の原因となり、たびたび伝染病が多くの市民の命を奪いました。 そんな中、皇帝カール6世(マリア・テレジアの父)は、1732年、ウィーンの南に広がるアルプスでの狩りの途中に、美味しい泉を発見しました。「皇帝の泉」(Kaiserbrunnen)と名付けたこの泉の水は、樽に詰められ、馬の背で60時間かけてウィーンに運ばれ、皇帝の食卓に上がるようになりました。また、貴族たちもウィーン郊外からの水を自邸に引き込み、危険な井戸水を避けて暮らしていました。 そんな中、「女帝」マリア・テレジアの愛娘マリア・クリスティーナが、腹痛が原因で病死するという悲劇が起きます。その夫アルベルト・カジミール・フォン・ザクセン=テシェンは、愛妻の死を悼み、1805年に私財を投じて、ウィーン郊外から市内へと水道を引きました。これがウィーンで初めての、公共の水道と言われています。 更に1843年には、別のウィーン郊外の水源からの水道が引かれますが、皮肉なことに、どちらもウィーンから近すぎたため、水質は非常に悪く、逆にコレラやチフスが急増し、たった30年で使用が中止されてしまいました。

【関連記事】