Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クリストファー・ノーラン、『TENET テネット』撮影中に新バットマン俳優とマントについて語り合う

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 日本でも公開がスタートしたクリストファー・ノーラン監督作『TENET テネット』に出演したロバート・パティンソン。ノーラン作品への出演を果たしたロバートが、次に控えている大作が、人気ヒーローの新たな活躍を描く『ザ・バットマン』だ。そしてノーラン監督といえば、『ダークナイト』三部作の監督。撮影現場で二人の間に、バットマンに関する会話はあったのか。 【動画】R・パティンソンが新バットマンを演じる『ザ・バットマン』特報  『ザ・バットマン』は、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のマット・リーヴスが監督・脚本を務める、全く新たなバットマン映画。そのため、いかにノーラン監督であろうとも内容を漏らすことはできないため、ロバートは、スクリーンテストで『TENET テネット』の撮影を抜ける際、ノーラン監督に嘘をつかなくてはならなかったと、 The Irish Times のインタビューで明かしている。

 しかし、「“家族の急用があって……っ”て伝えたら、すぐさまクリスに“バットマンのオーディションをしてるんだろう?”って言われたよ」と、この嘘は一発で見抜かれたというロバート。だが、ノーラン監督も、特にバットマンの話題に触れようとはしなかったといい、シンガポールメディアの CNA news のインタビュー内で「撮影の終了間際まで、この件(バットマン)については、お互いに敬意を持って沈黙を守っていました」と語っている。

 この件をロバートに尋ねると、やはりノーラン監督から「特にアドバイスというのはなかったんだ」と証言。しかし唯一、バットマンを象徴する衣装について、会話を交わしたという。「あれは確か、撮影の最終日のことだったと思う。バットケープ(マント)に使われる素材には何が適しているのかについて、僕らはとても面白い会話を交わした。というのも、自分でケープをまとってみて初めて、ケープやカウル(マスク)が、いかに実用に向かないものなのか、思い知らされたからなんだ」というロバート。会話の内容については明かさなかったが「そういったものに、なぜかなりの趣向が凝らされているのかを、(今は)理解するようになったよ」と笑顔を見せた。

【関連記事】