Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SKE48須田亜香里、卒業後ならファンとの恋愛「全然アリ」好みのタイプに「ちっちゃいことを気にしない人」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 思わぬところで人気アイドルの恋愛観が語られた。人気アイドルグループSKE48の須田亜香里が5月24日、麻雀ニュース番組「熱闘!Mリーグ」に出演。女流雀士3人と、オンラインでの女子会を楽しんだが、女子会お決まりの「恋愛トーク」で、ファンとの恋愛アリ・ナシという質問に対して「結論から言うとアリです」と断言した。 【動画】アイドルとファンとの恋愛観告白  須田は同番組のアシスタントを始めたことをきっかけに、麻雀の勉強中。芸能人の麻雀仲間やスタッフなどと楽しむ傍ら、新型コロナウイルスの感染拡大により外出が思うようにできない中、自宅にある麻雀牌を使って練習もしているという。  この日はプロ麻雀リーグ「Mリーグ」で活躍するセガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)と女子会トーク。先に女流雀士3人の恋愛観を聞いていたが、丸山から「あかりんさんは(ファンは)恋愛対象に入るんですか?」と質問されると「聞くね~」とニヤリ。その後、ひるまずアイドルとしては何かと気を遣うことも多い恋愛について語り出した。  ファンとの恋愛は「結論から言うとアリです」と切り出すと、「アイドルである以上、今は絶対にない」とした上で、「卒業した後、『実はファンだったんです』っていう人がいても、全然アリ」と語った。さらには「握手会に来てくれた人に『この人とはデートしているイメージがつく』とか、『この人とは付き合える』とか、そういうものをイメージしながら握手しちゃってた時はあった」と、ぶっちゃけた。

 「一生懸命何かに打ち込んでいたら、恋愛する暇ないでしょっていうのが秋元康先生の説」という須田だが、現在でも「好きな人、気になる人は常にいます」と告白。好みのタイプとしては「ちっちゃいことを気にしない人」とも語っていた。 ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会 (ABEMA/『熱闘!Mリーグ』より)

【関連記事】