Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グリニッジ天文台の「天体写真コンテスト」2020年の受賞作品が発表される

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
sorae 宇宙へのポータルサイト

■まるで手を伸ばせば届きそう、美しいアンドロメダ銀河

イギリスのグリニッジ天文台は9月10日、同天文台が開催した天体写真コンテスト「Insight Astronomy Photographer of the Year 2020」の受賞作品を発表しました。2020年の総合優勝は「Galaxies(銀河)」部門の優勝作品でもあるNicolas Lefaudeux氏の「Andromeda Galaxy at Arm’s Length」。およそ250万光年先にある有名な渦巻銀河「アンドロメダ銀河(M31)」を写したものですが、チルトシフトの効果でまるで腕を伸ばせば手が届きそうなほど近くにあるような印象を受けます。 チルトシフトの効果が得られる角度でカメラを望遠鏡に固定するために、Lefaudeux氏は3Dプリンターで部品を自作した上で撮影に臨んだとのこと。審査員の一人、コメディアンのJon Culshaw氏は「印象的かつ非常に独創的」と評価。「見るたびに笑顔になる」という写真家のEd Robinson氏も「アンドロメダ銀河に物理的に届くような印象を与える魔法のような作品です」とコメントしています。

■カラフルな色合いの月面、沸き立つ太陽の表面

同コンテストではテーマ別に11の部門が設けられていて、各部門の受賞者と作品もあわせて発表されています。 こちらはAlain Paillou氏による「Our Moon(われわれの月)」部門の優勝作品「Tycho Crater Region with Colours」。場所によってわずかに異なる月面の色彩を引き立たせたもので、月のティコクレーター周辺を撮影したモノクロとカラーの画像を組み合わせることで作成されています。Paillou氏によると、青色は酸化チタン、赤色は酸化鉄の濃度が高い部分を示しているといいます。

また、こちらはAlexandra Hart氏による「Our Sun(われわれの太陽)」部門の優勝作品「Liquid Sunshine」。太陽の表面をびっしりと覆う粒状斑(りゅうじょうはん)が捉えられています。粒状斑はガスの対流によって生じるもので、グリニッジ天文台のEmily Drabek-Maunder氏は「太陽があまり活発ではないとしても(※)、その表面下で進行する核融合はこの小さな世界の生命すべてを支えています」とコメントしています。 ※…現在の太陽は第24活動周期から第25活動周期に移り変わる静穏な時期にあるとみられています

【関連記事】