Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

退廃、グロテスク、エロティック。「あやしい絵」展に見る近代日本の「あやしい」表現の数々

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
美術手帖

展示風景より、北野恒富《淀君》(1920)部分 

【関連記事】