Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

秋の台風前に確認しておきたい、“停電”したとき・復旧後の注意点を解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」。9月12日(土)の放送では、東京電力パワーグリッド株式会社 広報の笹岡千恵さんに、「停電の際の注意点」について伺いました。

9月6日(日)から7日(月)にかけて、日本付近を通過した台風10号。この影響で、九州や中国、四国地方などで停電が起き、なかでも九州では大規模な停電が発生し、一時はおよそ47万5,910戸が停電しました。 災害が起きたとき、あなたの家でも停電が発生するかもしれません。 笹岡さんは、「台風や地震が起きた際は停電が起きやすいのでご注意ください。また、ゲリラ豪雨による大雨や落雷で停電することもあります。(台風などの)強風で飛ばされたトタン、ビニール、樹木などが電線に引っかかると長時間の停電の原因につながる場合がある」と言います。 昨年9月の台風15号では、最大93万戸が停電。千葉県では、飛来物などの影響で損傷した電柱や倒れた木の撤去に時間がかかり、復旧までに2週間かかった地域もありました。 夜の停電に備えて懐中電灯、そして停電が長時間に及ぶ場合に備えて、携帯電話の予備の電池パックやモバイルバッテリーを準備しておくと安心です。 また、停電が起きたときに気をつけなければいけない点がいくつかあります。 まず、“停電したとき”です。笹岡さんは、「停電したらすぐに作業してもらいたことがある」と声を大にします。 停電が発生した際、停電解消時の火災防止のためにも「アイロンやドライヤー、ヒーターなどの電熱器具のプラグをコンセントから抜いてください。また、ご自宅から避難する際は、電気の消し忘れの事故を防ぐために分電盤のブレーカーを切ってください」と注意を促します。 そして、停電中に自宅で過ごす際の注意点について、笹岡さんは「暖房や調理のため、室内で練炭や炭を燃料とした七輪などをご使用することは極力避けていただき、やむを得ず使用する場合は一酸化炭素中毒防止のため、定期的に十分な換気をおこなっていただきたい」と警鐘を鳴らします。 また、石油ストーブなどの燃焼器具を使用する場合も同様で、定期的な換気をおこなう必要があるほか、小型発電機などからの排気ガスには「一酸化炭素などの有害物質が含まれておりますので、小型発電機は室内で使用されないように」と笹岡さん。 今回の台風でも、鹿児島県で自家発電を使用して3人が一酸化炭素中毒となり搬送されています。また、過去の災害でも同様の事故が起きていて、2019年9月の台風17号では佐賀県で家族3人が救急搬送されました。 経済産業省や自家発電機メーカーも、室内や換気の悪いところでは絶対に使わないでほしいと呼びかけています。 最後に、笹岡さんが教えてくれたのは、電気が復旧したあとの注意点。「電気が復旧した際に、家電製品の電源が入ります。ドライヤーやアイロンなどの電熱器具の場合は、“通電火災”になる恐れがありますのでご注意ください。また、1度水に浸かった屋内配線や家電製品は漏電する可能性があります。危険ですので、ご使用にならないでください」と強調していました。 通電火災を防ぐために、電熱器具・装置は停電中はスイッチを切り、電源プラグをコンセントから必ず抜いてください。建物や電気機器に外見は破損がなくても、配線の損傷、電気機器内部の損傷によっても、電気が通って、長時間経過した後に火災が発生する場合があります。万が一、煙の発生などの異常を感じたら、すぐにブレーカーを落として消防署に連絡してください。 また、周囲の停電は復旧しているのに、ご自宅の停電が継続している場合は、低圧線・引込線の断線や建物内の設備に不具合が発生している可能性がありますので、東京電力パワーグリッドまで連絡してください。 停電したときは、“電源プラグをコンセントから抜いているか?”、“ブレーカーを切っているか?”を家族でダブルチェックしましょう! 復旧したあとも注意が必要ですから、細心の注意を払いましょう。 (TOKYO FM「防災FRONT LINE」2020年9月12日(土)放送より)

【関連記事】