Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あのロボット犬が800万円で一般販売開始…いつの日か洗濯物を取り入れてくれるようになるかも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

ボストン・ダイナミクスの4足歩行ロボット「スポット」に、まもなくロボット・アームが追加される。 【全画像をみる】あのロボット犬が800万円で一般販売開始…いつの日か洗濯物を取り入れてくれるようになるかも また、いつの日か、家庭用として利用できるようになるだろうと同社は述べている。 スポットは6月初めに一般販売が開始された。価格は7万4500ドル(約802万円)だ。 ボストン・ダイナミクス(Boston Dynamics)の4足歩行の犬型ロボット「スポット(Spot)」がまたアップグレードされる。 ベンチャー・ビートによると、創業者のマーク・ライバート(Marc Raibert)がロボットアーム付きのスポットの販売を開始すると語った。それは「数カ月以内に」入手可能になるという。 「アームが付くと、スポットは移動可能なマニピュレーターになる。これは、ロボットができることの可能性を大きく広げるものだ。ロボットの機動性は、現在の固定されたファクトリー・オートメーションでは得られない方法で、その有用性に貢献すると信じている」とライバートは言う。 スポットは6月初めから一般販売が始まった。価格は7万4500ドル(約802万円)で、「産業用から娯楽まで、このフレキシブルな移動ロボットがさまざまなタスクにどのように適応できるかを探求したいデベロッパー」が購入できるようになった。 現在、スポットはアメリカ国内の顧客のみが購入可能で、1000ドルの予約金を支払えば、6週間から8週間で納品されるという。 同社は、この犬型ロボットの使いみちをいくつか提案している。「危険な場所、アクセスが難しい場所、遠隔地の点検」「敷地のデータ収集の自動化」「地形がよく分かっていない場所への荷物の運搬」などだ。アームが追加されれば、用途はさらに拡大するだろう。 これまでは、企業に対して一定の条件を付けてロボットをリースする「早期導入プログラム」を行っていたので、顧客企業が契約に違反した場合、ボストン・ダイナミクスはロボットを回収し、契約を終了させることができた。今回の一般販売開始で、興味のある顧客はスポットを買い取ることができる。 ライバートはベンチャー・ビートに対し、スポットが洗濯物を取り込むことを例に挙げて、最終的には家庭でも利用できるようになると述べた。ただし、現在の契約条件では、子どものそばや家庭内では危険を及ぼすこともあるとしている。 アームがなくても、スポットはすでに多くの使命を見つけている。ボストンの病院は、COVID-19へのスタッフの曝露を最小限にするためのロボットの提供を求めて、3月初めにボストン・ダイナミクスに連絡を取った。病院に配備されたスポットにはiPadと双方向通信機能があり、医師や看護師が離れた場所からCOVID-19の患者に対応できるようになった。 ニュージーランドでは、ソフトウエア会社のロコス(Rocos)社と提携し、牧羊犬として羊の群れのデータを収集した。ロコスによると、同社のソフトウェアと組み合わせることで、スポットの遠隔利用をより効率的にし、収集したデータも扱いやすいものになるという。 スポットはシンガポールの公園でも利用され、社会的距離をとることを奨励し、人々に少なくとも1メートルは離れていてほしいと呼びかけている。また、マサチューセッツ州警察やその他のプロジェクトでも利用されている。 [原文:Boston Dynamics' $75,000 Spot robot dog will soon come with an arm and 'someday' be available for household uses like folding laundry] (翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

Mary Meisenzahl

【関連記事】