Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イチロー、中村紀、小笠原、石井一……「73年生まれ」はプロ野球最強世代?

配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球は逸材が集中する世代が存在する。古田敦也、山本昌、渡辺久信、星野伸之、池山隆寛、吉井理人、小宮山悟ら個性的な実力派が並ぶ1965年生まれの「昭和40年会」、松坂大輔、村田修一、藤川球児、和田毅、杉内俊哉ら高校時代から球界の主役として騒がれた1980年生まれの「松坂世代」。田中将大、坂本勇人、前田健太、柳田悠岐、秋山翔吾と1988年生まれの「マー君世代」は現在のプロ野球の中心勢力となっている。 なぜ? 「松坂世代」から名球会入りの選手が誕生しない理由とは  その中でも「史上最強世代」の呼び声高いのが1973年生まれだ。イチロー、中村紀洋、小笠原道大、松中信彦、石井一久、三浦大輔、黒木知宏、門倉健、薮田安彦、小坂誠、坪井智哉、清水隆行、礒部公一……イチロー、中村、小笠原は名球会入りしている。ほかの選手も球団の枠を超え、球界を代表するスターばかり。タレントの宝庫の中、一部の選手たちの偉業を振り返ってみよう。

・イチロー(オリックス、MLBマリナーズ、ヤンキース、マーリンズ)  ※NPB通算951試合出場 打率.353、118本塁打、529打点、199盗塁 ※MLB通算2653試合出場 打率.311、117本塁打、780打点、509盗塁  日米通算4367安打を放った「世界のイチロー」。攻守走3拍子そろったプレースタイルは、パワーヒッターが主役として取り上げられていた野球界の常識を変えた。愛工大名電高から1992年ドラフト4位でオリックスに入団すると、94年にNPB史上初のシーズン200安打を達成し、同年から7年連続首位打者を獲得した。日本人初のメジャー・リーガーとしてMLBに挑戦したマリナーズでは1年目の2001年に打率.350で首位打者を獲得。2004年にシーズン最多安打記録保持者の262安打、MLB1位タイの10年連続シーズン200安打など数々の大記録を樹立した。

・中村紀洋(近鉄、MLBドジャース、オリックス、中日、楽天、DeNA) ※NPB通算2267試合出場 打率.266、404本塁打、1348打点、22盗塁 ※MLB通算17試合出場 打率.128、0本塁打、3打点、0盗塁  大阪府の公立・渋谷高で2年夏に「四番・投手」で同校初の甲子園出場に導く。1992年にドラフト4位で近鉄に入団。左足を高々と上げるフルスイングを代名詞に2000年に本塁打王、打点王を獲得し、01年も2年連続打点王で12年ぶりのリーグ優勝に貢献した。04年に日本代表でアテネ五輪に出場して銅メダル獲得。メジャー・リーグ挑戦を経て、07年に中日で日本シリーズMVPを受賞した。13年にDeNAで通算2000安打を達成。2000安打、400本塁打を達成した選手はプロ野球史上16人のみだ。

【関連記事】