Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プロ野球】左右どちらの打者にも強い投手は?組み合わせ毎の被OPSランキング

配信

Baseball Geeks

投打左右の組み合わせ毎の成績を比較すると、「左投手対左打者」では投手有利、「左投手対右打者」では打者有利である。投手からすると、打者有利な組み合わせにおいてでも好成績を残せるかが非常に重要といえる。 今回は、プロ野球昨シーズンの被OPSのデータを使い、対右打者・対左打者それぞれに強い投手を探っていきたい。

投打左右の組み合わせの違いによる被OPSの比較

まずは、打者の打席左右の違いによる右投手・左投手それぞれの被OPSを比較する(表)。被OPSとは被出塁率と被長打率を足した指標であり、被OPSが小さいほど優れているといえる。 右投手・左投手ともに、左打者よりも右打者と対戦した時の被OPSが悪かった(高かった)。圧倒的に投手有利な「左対左」に比べ、右投手は右打者に対して特別有利ではないようだ。

続いて、昨シーズンの全投手の被OPSランキングを見てみよう(表)。 トップ10には最優秀防御率の山本(オリックス)・最優秀中継ぎの宮西(日本ハム)・最多セーブの松井(楽天)などがランクインした。 ただし、内訳をみるとほとんどが救援投手である。先発投手は投球回数が多く、短いイニングで勝負球を多投できる救援投手と比べて好成績を残すのが難しいのかもしれない。山本は先発で唯一トップ10入りしており、特異な成績と言っても良いだろう。

右投手:対戦打者の打席の影響は小さい

ここからは、投打左右の組み合わせにおける被OPSランキングについて考察していきたい。まずは、打者の打席左右毎の右投手の被OPSランキングをみてみる(表)。 対右打者の被OPSランキング1位は近藤(オリックス)、対左投手の被OPSランキング1位は益田(ロッテ)であった。対右打者の被OPSと対左打者の被OPSにそれほど差はなく、右対右でもあまり有利ではないことがわかる。どちらかと言えば持ち球や球質によって成績が変わるのかもしれない。 昨シーズン最多勝の有原(日本ハム)は右打者に対して0.555(ランキング9位)、対左打者の被OPSも0.564(ランキング18位)と打者の左右に関係なく安定した成績を残している。打者の左右の違いに影響を受けることなく安定した投球ができることは、シーズンを通して戦っていくうえで非常に重要な要素であるといえるだろう。

【関連記事】