Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ひろゆき「“努力がすべて”は日本独特の洗脳。苦しいだけなら、抜け出したら?」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

仕事に、家庭に、人付き合いに...。 毎日、限られた時間のなかで、さまざまなやるべきことに追われていませんか? 「いくら時間があっても足りない…」とぐったりしている人に、ひろゆきさんは「そろそろ苦しいだけの時間から抜け出したら?」と進言します。 「2ちゃんねる」や「ニコニコ動画」を生み出し、現在はフランスでゆったりした生活を送っているひろゆきさん。 時間に追われる生活から脱出する方法を、ひろゆきさんの著書『なまけもの時間術』から抜粋してお届けします!

「休み方」を忘れてしまった日本人

「海外旅行に行きたいけど、なかなか行けないんですよね」という話をよく聞きますが、どうして行けないんでしょうね。 僕が暮らしているフランスでは、みんな1カ月くらいバカンスを取ります。 その間、お金がある人は海外旅行に行くし、お金がない人は国内でのんびり過ごします。 いずれにせよ、丸1カ月も仕事もせずに、自分の好きなことをして過ごすというのを、彼らは毎年やっているわけです。 自分がバカンスに入ってしまうと、当然、自分の担当案件は回らなくなります。 そこでフランス人は、「職場に迷惑がかかる」「自分がいなくては回らない」などと考えてバカンスを諦めたりはせず、「自分がいなくても回るように」と周りの同僚に仕事を引き継いだり、「この案件は自分が帰ってくるまで保留に」と周囲に伝えておいたりします。 職場のみんながお互いにそうしているから、誰かの担当案件のフォローを頼まれても、誰もイヤな顔をしません。 「バカンスのために1カ月くらいいなくなる」ということが、仕事の仕組みの中にちゃんと組み込まれているのです。 日本人だって、子どものころは、誰しも夏休みが大好きだったはずです。 でも大人になると、まとまった休暇はお正月、ゴールデンウィーク、夏休みと、トータルで15日ぐらいでしょうか。まとめて休めるのは年に15日程度で、それが20歳過ぎから60歳くらいまで続く。 そんなシステムの中で、「仕事がない日に何をしたらいいのかわからない」「自分の自由な時間をどう使ったらいいのかわからない」なんていう人が量産されている気がします。 「定年後の膨大な時間をどう過ごせばいいのかわからない」と悩んでいる人が、大量発生していますからね。 日本で1カ月もまとめて休めるような企業は稀でしょうから、いきなりフランス人の真似をするのは、さすがに難しいでしょう。 自分だけ自由を行使するのは勇気がいる、という人も多いと思います。 でも、フランスと日本を行き来していると、日本人は「休む」こと自体に遠慮を感じすぎているように見えます。 もっと貪欲に自分の自由な時間を確保してもいいんじゃないかと思うのです。

【関連記事】

最終更新:
新R25