Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福岡、スタッフ1名の新型コロナ陽性を発表。その他の選手、スタッフは全員陰性

配信

GOAL

アビスパ福岡は27日、チームスタッフ1名に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。また、同日に急遽PCR検査を実施し、選手、チーム関係者51名全員の陰性が確認されたことも報告されている。 当該スタッフは25日深夜に発熱、体調不良を感じ、翌26日にPCR検査を受けたところ陽性が確認。現在は自宅にて療養中となっている。 直近2週間の行動履歴を確認したところ、練習以外は買い物など最小限の外出にとどめており、感染経路は不明とのことだ。さらに、Jリーグが2週間に1度行っているPCR検査でも陽性反応は出ておらず、体調管理システムや練習前、試合日の検温でも目立った異常はなかった。 スタッフの経過および症状としては、24日朝までは平熱だったが、同日夜の検温で37.0度を記録。翌25日15時は36.4度まで下がったが、夜に悪寒、倦怠感をおぼえて23時時点で体温が37.7度まで上昇した。しかし、26日15時ごろに陽性判定が出たのち、27日希少時点での体温は36.8度と微熱だったことが伝えられている。 福岡は、27日時点で新型コロナや風邪などの症状を訴えている選手、スタッフがほかにいないことも報告。今後の対応としては、管轄保健所の指導のもと施設の消毒、選手スタッフの体調管理など、改めて万全の対策を講じた上でトレーニングを実施していくことを強調した。 なお、29日にベスト電器スタジアムで開催される明治安田生命J2リーグ第8節の愛媛FC戦は、ファン・サポーターが安心して来場できる環境を整えたうえで実施する予定であるとしている。

【関連記事】

最終更新:
GOAL