Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

情報公開、やり直し要請 決定過程が不透明か 千葉県立中の教科書採択で

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県教委が県立中学校で使用する社会の歴史的分野と公民的分野の教科書に「育鵬社」版の継続採択を決めたことに対し、住民団体「教科書と教育を考える千葉県民の会」は24日、決定の過程が不透明で教科書自体に問題も多いとして、情報公開と採択やり直しを県教委に申し入れた。  県教委は19日、県立中(全2校)で来年度から4年間使う教科書を採択した。

【関連記事】